広告

全国の信号機を活用して5G基地網整備

広告
5G信号機

5Gは電波が遠くまで届きにくく、全国を網羅するためには、膨大な数の基地局が必要になります。

ビルや設置に適した場所は、すでに、様々の基地局が設置されていて、飽和状態です。

そこで5Gの基地局設置場所の候補にあがったのが、全国に20万8千基設置されている交通信号機です。

広告
広告

コストを抑え整備も迅速にすすむ信号機活用

5Gは現行の4Gの100倍超の通信速度が特徴です。

携帯電話の通信速度向上や、今まで以上に高精細な動画や重機やロボットの遠隔操作の応用も期待されています。

災害現場や人の立ち入ることのむずかしい場所での利用がすすみそうです。

信号機なら都市、地方をとわず、全国津々浦々まで設置されています。

都市と地方との格差が生まれないことも魅力

この方式が実現すれば、5Gの移動通信システムの普及は一気に加速します。

信号機利用については、5G基地局だけではなく、全国の信号機のネットワーク化もすすめて、交通情報の収集、自動運転向けのデーター通信にも活用できる見通しです。

5Gの普及次第では、運転免許の手続き簡素化や運転者情報の一括管理もできるそうです。

そのうちに、免許更新手続きは自宅のパソコンでの時代が来そうです。

これでわかった5G?

広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告