ミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T30」フィルムシミュレーション「ETERNA」を実装して発売開始

富士フイルム ミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T30」発売

発売日は2019年3月20日(水)となっています。
※予約販売の受付は2月19日(火)10時より開始。

スポンサーリンク

フィルムシミュレーション機能に新しい「ETERNA」実装が魅力

X-T30

個人的には、なんといっても最大の魅力は、フィルムシミュレーション機能に新しい「ETERNA」(エテルナ)モードが加わったことです。

ETERNAは映画用フィルムの名称。
ETERNA/シネマ) モノクロ調整: -9〜+912段もの広いダイナミックレンジがあり、ハイライトとシャドウが柔らかく表現されます。



やがて富士フイルムミラーレスカメラのどのカメラにも「ETERNA」(エテルナ)モードが実装されるかも!夢

色再現は彩度をやや抑えながら、落ち着いたトーンで表現されるのもポイント。

やわらかな表現は動画撮影だけではなく静止画撮影でも使いたくなる場面はおおいにありそうです。

「ETERNA」(エテルナ)モードはX-H1などの上位機種にはすでに実装されたいます。

今回、「FUJIFILM X-T30」に実装されたことにより、同価格帯あたりからの新製品にもETERNA」(エテルナ)モードが加わることが期待できます。

低価格帯のミラーレスカメラに実装されれば、即、買いです。

これだけのフィルムシミュレーションがあります

16モード(PROVIA/スタンダード、 Velvia/ビビッド、 ASTIA/ソフト、 クラシッククローム、 PRO Neg.Hi、PRO Neg.Std、 モノクロ、 モノクロ+Yeフィルター、 モノクロ+Rフィルター、 モノクロ+Gフィルター、 セピア、ACROS、 ACROS+Yeフィルター、 ACROS+Rフィルター、 ACROS+Gフィルター、ETERNA/シネマ) モノクロ調整: -9〜+9

富士フイルムミラーレスカメラX-H1にしょうかX-Pro2・X-T2がいいかもと迷う
富士フイルムミラーレスカメラX-H1にしょうかX-Pro2・X-T2がいいかもと迷う。

求めやすい価格も魅力

「FUJIFILM X-T30」は、小型軽量ボディに最新の「X-Trans CMOS 4」センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載。フラッグシップモデルの「X-T3」と画質・スピードで同等の性能を有しつつ、求めやすい価格を実現。

発売日は2019年3月下旬予定。市場想定価格はボディ109,500円(税別)。カラーバリエーションはブラック、シルバーの2色。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする