富士フイルムX-T2フラッシュをつけっぱなしにして撮影

富士フイルムX-T2
富士フイルムX-T2

富士フイルムX-T2にはクリップオンフラッシュ(EF-X8)が同梱されています。

普通、クリップオンフラッシュはボディ頭頂部に直付けされています。

富士フイルムX-T2のフラッシュのように別付けタイプだと、カメラバックにいれたままだとか、部屋に置きっぱなしが多いのではないでしょうか。

小さな機材ですが、積極的に使いこんでこそ利用価値を発揮することができます。

フラッシュをつけっぱなしにしておくといいショットの確率が上がる!!

私はつねにこのスタイルで持ち歩いています。

富士フイルムX-T2

富士フイルムX-T2

引きあげてフラッシュ撮影準備完了

シャッター同調スピードは250X以下。
詳しくは使用説明書P108~109ページ。

富士フイルムX-T2

富士フイルムX-T2

フラッシュは<S>モードでないと発光しません

フラッシュ撮影

フラッシュ撮影

後ろ姿もいい感じ

富士フイルムX-T2

わが家の玄関前に咲いたユリの花

富士フイルムX-T2に付けたクリップオンフラッシュを発光させました。

鮮明な写真が得られる。

ユリの花

ユリの花

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする