白内障手術記

病室から見た朝日暮らしの中で
病室から見た朝日

白内障手術3日前から手術に備えて、1日4回の目薬点眼。
目薬は他にも白内障をおさえるもの、眼圧抑制の目薬を毎日つけている。

白内障手術までの流れ

今日は白内障手術日 8時すぎに自宅をでる。
9時に診察。
9時半、病室案内。
早速、血圧そくてい。その後、血液検査。
血糖値がすこし低いので、甘いものを食べるようにと。
付き添いの妻に、近くのコンビニからチョコレート買ってきてもらう。
お昼前、洗顔。洗顔はこれから三日間、禁止。

手術2時間前から、15分おきに三種類の点眼。
このために、付き添いは必要。

心電図バット
事前麻酔。目に麻酔?!。一瞬、恐怖。
でも大丈夫。水溶液の麻酔薬が眼内に入るだけ。
目の中に水の冷たさ。痛みはほとんど感じない。

15分間隔目薬。
精神安定剤。抗生物質。服用。

病室

2時から手術。
主治医と3人のスタッフで手術開始。

目薬、水溶液が目の中に注がれながらの手術の感じ。
麻酔のせいか、手術中の痛みは、ほぼなし。

じーというレザーメスの音、心電図の規則的な音、
血圧測定が一定間隔で腕をしめつける。

手術中は、つねに冷たい水溶液が、眼内に注がれている。
やく25分間の手術。
眼帯をして病室へ。

手術2時間後に一階の診察室で検査。異常なし。

病院で出された夕食

五時40分から夕食。< 午後7時に就寝。

手術翌日
翌朝6時起床。6時30分、眼帯はずし。

7時30分分朝食
8時30分に診察開始。手術成功!!。

その後、看護師さんから、帰宅後の生活指導がある。
まず、点眼について。

目薬を三種類わたされる。
1本目は両眼に一日5回。起床時、10時、1時、4時、午後10時。
2本目は右目だけに回数と時間割は上記とおなじ。
3本目は右目だけに一日2回。10時と午後4時。

視野が広がり、新世界を体感する

この点眼が意外にめんどくさい。
右目だけのものを、うっかり両眼にさしたり、一日2回の分を、まいかいしさしてみたり。
一日目は、よく間違った。

洗顔は三日間禁止。髭剃りは二日目からOK。
手術後五日目に検査病院へ。

費用(1割負担) 手術、入院費(18900円)

手術前にはよく、人さまから白内障手術は簡単だと、聞いていました。
たしかに、内臓や外科手術にくらべれば簡単かもしれません。
手術も20分から30分程度で終わるようです。

でも実際に手術を受けてみると、手術前の点眼の回数や、手術中の緊張感は、ほかの手術と変わらないと思います。
白内障手術の場合は、日帰りも多いようです。
自分は病室に一泊しました。

帰宅後の一日5回の目薬点眼に、結構、神経をつかいます。
右目だけに点眼すべきを、両眼にしたり、一日2回のものを、5回つけてみたり。
洗顔は手術後、三日間は禁止。
朝起きて、歯磨きのついでに、思わず顔を洗おうとする。
3日目になると、頭がかゆい。

それらを総合すると、白内障手術は、決して、簡単なものではありません。
同じ日に手術して、翌日の視力検査で、視力が、1、5まで回復したと喜んでいる人もいました。
自分はまだ、そこまで回復していません。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました