骨粗しょう症予防には高血圧症などの生活習慣病を改善するのも大事

生涯現役
生涯現役

骨粗しょう症を簡単に表現すれば、骨がもろくなって
骨折しやすくなる病気です。

歳を重ねるにつれて、そのリスクは高まってきます。

習慣病予防調査機関によると

  • 骨粗鬆症の国内の患者数は、
    女性980万人、男性300万人という数字があります

歳を重ねてから転倒、骨折になると、即、介護の必要にせまられます。

そうならないためには、普段から高血圧症などの、生活習慣病を
改善するなどの、日常生活をおくることが大切です。

適度の日光浴だとか、体調や年齢に応じた運動をすることも
骨粗しょう症予防におおきな効果があります。

大切なことは、三日坊主にならずに継続すれば
骨折のリスクは、大幅に改善されるはずです。

生涯現役でいるためには骨まで愛して

生涯現役

生涯現役

加齢になるにつれて、骨粗しょう症が気がかりになります。

ひょっとして、自分の骨はスカスカではないかしら。

ぶつからないように。転ばないように歩こうと、日常生活の中で
若いころには考えもしなかったような不安が、頭をよぎります。

そんな不安が、さらに日頃の行動をいしゅくさせてしまいます。




骨粗しょう症は西高東低

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)で起こりやすくなる中高年の大腿(
だいたい)骨骨折の人口あたりの割合は西日本で高く、北海道や東北
地方で低いという調査結果を、骨粗鬆症財団や近畿大などの研究グル
ープがまとめた。食生活の違いなどが関係している可能性があるとい
う。

男性が骨粗しょう症を発病すると、重症化しやすいようです

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 022.jpg です

骨粗しょう症は女性におおい疾患に思われがちですが、男性も油断す
ると、寝たきり状態になりかねません。

男女とも、骨粗しょう症が進行しやすい時期は、更年期以降。

男性では男性ホルモンの低下

女性では閉経後

男性の骨粗しょう症のもうひとつの特徴は、生活習慣病との合併が
多いという点です。

生活習慣病には糖尿病、高血圧、脂質異常症、慢性
腎臓病(CKD)などが含まれ、これらの疾患が骨の質を劣化させ骨粗しょ
う症を進行させる。日本生活習慣病予防協会

ウォーキングや筋力トレーニング、日光浴。など、骨に刺激を与える
運動が推奨されています。

運動が骨粗しょう症の予防に効果大

「重要なことは、ウォーキングやレジスタンス運動は、年齢を重ねて
から始めても効果があるということです。運動を始めるのが遅すぎる
ということはありません。若い頃から運動を続けていればより効果的
ですが、中年期以降にやめてしまう人が多くみられます。運動には全
年代において骨を強くし骨粗しょう症を予防する効果があり、続けな
ければ効果を得られません」と、ミズーリ大学栄養・運動生理学部の
パメラ ヒントン氏は言う。

生涯現役で暮らすには、日頃の運動は欠かせませんね。

毎朝のラジオ体操一つでも、継続すれば力になりますよ。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする