持ち帰りの消費税8%で会計し、イートインで食べたら‥

イートインスペース暮らしの中で
イートインスペース

 Twitter
おかいもの急行 @okaimono_exp 店内ならともかく、こんな通路端のちょっと座るスペースを「イートイン=10%」なんてどうかしてるよ本当に。

イートインとは買った食料品をその店舗内で食べることを指す。

店舗内や敷地内に設けられたこのスペースで食べると、外食(消費税10%適用)とみなされる。
長椅子2、3脚程度の店舗から、複数のテーブルとイスをそなえいる店舗まで色々。
また、店舗の外側に置かれた椅子で食べても、外食と見なされる。

消費税増税前までは、イートインという言葉はそれほど一般的には使われていませんでした。

買い物客たちは、買い物が終わると、椅子に座って、買ったばかりのお菓子やペットポルのお茶を飲んだりして、一息ついたいました。
お昼時間にもなれば、弁当売り場で買ってきた弁当を、イートインで食べていました。

一人の時もあれば、仲間たちと無駄話をしながら食べていました。 コープなどのイートインは、昼時にはいつも満席状態でした。
それが2019年10月1日の消費税が10%に引き上げられてから、いままで気兼ねなく利用できていたイートインが、すこしちがって見えました。

イートインスペース

8%で買った商品をイートインスペースで食べたら「イートイン脱税」とにらまれる事態に。

地方のAコープやスーパーなどを利用するお客様は年配者も多く、8%の商品と10%の商品の区別も、よくわかりません。
8%で買ったペットボトルのお茶、お菓子、弁当を増税前と同じ感覚でイートインスペースで食べます。
2%脱税しようなどとの気持ちは、何にもありません。

水の流れのように、いつも通りです。いきなり流れを変えられても戸惑うばかりです。

 

地方のイートインスペースは、飲み食いするだけのスペースではありません。
高齢者たちの談笑の場であったり、地域住民同士の交流の場、さらには路線バスの待合ベンチも兼ねているのです。
当然そこには一口のお茶、一枚のせんべいを食べたりすることもあります。
とにかく今回の増税では、8%で買った商品を店の敷地内で飲食してはだめ、ということです。

Twitter
イートイン脱税って、何だそれ。持ち帰りの気持ちで買って、気が変わって店内で食べたら脱税かよ?捕まるの、それ?犯罪なの、それ?賄賂もらっても返せばOK!公選法違反の饗応接待しても首相や政権与党議員ならOK!っていう、もう頭から腐った無法地帯なんだよ日本。まず腐った頭を、むしり捨てろよ。木村知(きむらとも) @kimuratomo

イートインスペース

10月1日に導入された消費税の軽減税率制度について、コンビニエンスストアなどの店内で飲食するにも関わらず、申告せずに8%の税率で購入する行為が行われていることについて、麻生太郎財務相は8日の記者会見で、「業界団体などを通じ実態把握に努めないといけない」とした上で「周知、広報を含め、軽減税率制度の円滑な実施・定着にむけて必要な対応を講じたい」と述べた。  軽減税率制度は、酒類を除く飲食料品などの税率を8%に据え置く制度。低所得者対策として、税率10%への引き上げに合わせて導入された。レストランなど外食は軽減税率の対象外で、コンビニやスーパーなどで購入した食品も、イートインコーナーで飲食する場合は、外食扱いとなり10%の税率が適用される。  ただ、店員が全ての客に店内飲食か持ち帰りかを聞く必要はなく、張り紙などで申告を促せばよいことになっている。 そのため、申告せずに8%の税率で購入したにも関わらず、店内飲食する行為が横行しており、インターネット上では“イートイン脱税”などと指摘されている

キャッシュレス決済だとかイートインだとか、時代遅れの人間を切る捨てるような法律は作らないで欲しい。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました