神武さんの御神幸行列は神話と伝説の再現

シャンシャン馬道中
シャンシャン馬道中

<ミスシャンシャン馬>
宮崎では大正の初め頃まで、新婚の夫婦が必ず鵜戸神宮へと
お参りする風習があったと言われています。

新婚夫婦は日南海岸沿いの七浦峠を越えてお参りし、疲れた花嫁を馬に乗せて
新郎が手綱をとって家路につくさまを模したものです。

馬を引いて歩く際に馬につけられた鈴が「シャンシャン」
と鳴ることからこの名があります。

神話と伝説のふるさと&日本のひなたを象徴する晴れ姿です。

2016年アーカイブス

神武様タイトル

宮崎商工会議所のホームページの記述によれば

「神武さま」は、明治9年(1876年)から約140年の歴史を誇る
宮崎を代表する祭りです。

神武さまを自分のお宮として信仰してきた町民が、お宮までの道のりが遠く
親しくお参りすることが出来ないため
「せめて1年に1度御神幸を願って一家をあげて心ゆくまで拝ませてください。」
という嘆願書を提出したのが始まりです。

明治42年頃から今のような形式になったと言われています。

秋の宮崎県下最大のおまつり

神官

神官御。

【本 宮 祭】 10月26日(木)
宮崎神宮 10時~

【御神幸行列】 10月28日(土)
宮崎神宮御発輦 13時~16時

10月29日(日)瀬頭御旅所御発輦
13時~16時

【神武さま広場】10月28日(土)
高千穂通り 17時45分~21時

御神幸祭は五穀豊穣を祝う目的も兼ねています。

神々の宿る森 悠久の宮崎神宮の四季を旅する

神武さまを自分のお宮として信仰してきた町民が、お宮までの道のりが遠く
親しくお参りすることが出来ないため

「せめて1年に1度御神幸を願って一家をあげて心ゆくまで拝ませてください。」
という嘆願書を提出したのが始まりです。

明治42年頃から今のような形式になったと言われています。

白馬

白馬

宮崎競馬場の建設に伴い一度途絶えていた流鏑馬の習慣が
紀元2600年(1940年)を記念して復活したのを機に行列にも加えられいます。
衣装は鎌倉時代当時を再現した、勇壮なものです。

実際の流鏑馬は4月3日(神武天皇祭)に宮崎神宮境内で行われます。

御獅子と稚児行列

獅子舞

Canon EOS 7D Mark II (47mm, f/5, 1/100 sec, ISO100)

御神幸行列の前半に登場。獅子舞は大人によるものと子どもによるものがある。

かまれると病気にならないという言い伝えがあります。

少女隊

Canon EOS 7D Mark II (100mm, f/5.6, 1/800 sec, ISO100)

少女太鼓隊

神武こども太鼓と神賑行列の締めを飾るJC太鼓があります。

青年太鼓

青年太鼓

稚児行列a

稚児行列a地元の男の子による稚児行列。お女の子の稚児も参加しています。

チラシ

チラシ

参照:宮崎商工会議所・宮崎市役所HP

宮崎神宮地図

出店

出店

ラッピングバス

Canon EOS 7D Mark II (18mm, f/5, 1/2000 sec, ISO100)

ラッピングバス地域に残る様々な神話を全国に発信し、宮崎市の良さをPRする
記紀編さん1300年記念事業の一環としての広告展開です。

国生み神話から天孫降臨、そして神武まで、古事記のハイライトともいえる物語の舞台となった宮崎は、まさに神々のふるさと。

その宮崎を舞台に古事記のダイナミックな物語を繰り広げるスーパースターたちを誰もが親しみやすいイラストで表現しています。

また、9月に観光協会主催で行われた「神武様ご東遷キャンペーン」でも当該バスが使用されました。宮崎交通HP

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする