JR九州がすすめる今回のダイア改正は近い将来の廃線にむけた布石だ!

tetudou
tetudou

JR九州が、来年3月のダイア改正に伴ってすすめようとしている
大幅な減便、ワンマン化特急路線の拡大は、日頃、鉄道を
利用している人々だけでなく、沿線住民、関係する県民全体を
不安にさせています。

減便はやがて廃線へとつながる

「九州全体を面ととらえ、ネットワークを維持するため」
12月19日に、宮崎県と鹿児島県の副知事らが、福岡市のJR九州
本社を訪れた際の、会社側の対応です。

特急列車のワンマン化運転に対しては、
「鉄道事業がとり組む効率化の一環なので、できるだけ早く
とり組みたい」
と述べて、今回の減便とあわせた発表は、見送っています。

減便ショックが吹き止まぬ中での、同時発表は、会社側にとって
不利だとの判断があったようです。

tetudou

tetudou 宮崎県高鍋・小丸川鉄橋をわたる

日豊線・宮崎駅ー鹿児島中央駅間の特急列車のワンマン化運転
の意向は、これまでに何度も報道されているので、すでに免疫は
できています。

ダイア改正時、または短期の冷却期間をおいて実施されるのは
確実です。

ワンマン化運転の運行については、今年3月から実施されている
大分駅-宮崎駅間(一部宮崎空港駅)での、検証結果もまだ出ていません。

そんな中でのワンマン化運転の拡大方針に対して、河野宮崎県知事は
強い不満をのべています。

「経営的に見れば、ずっと前になくなっている路線」
今年の夏の九州北部豪雨で大きな被害の起きた
日田彦山線に対して、JR九州はすでに、突きはなした
見方をしています。

100年近い歴史の中で、鉄道が育ててきた文化は
計り知れません。

JR九州がすすめる今回のダイア改正は近い将来の廃線にむけ
関連記事

JR九州、来春ダイヤ改正で最大減便。在来線111本、新幹線6本。観光列車「はやとの風」も

やっぱりそうだったか!宮崎駅ー鹿児島中央駅間の特急列車ワンマン化 JR九州

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする