カエデの紅葉が美しい宮崎市のバイパス道路

生目バイパス2
生目バイパス2

宮崎市南西部に位置する生目台交差点から、国道10号線に通じている
バイパスの中央分離帯をはさんだ両方の歩道に沿うように
やく300メートルにわたって、11月中旬頃から、カエデの美しい紅葉を見ながら
運転を楽しむことが出来ます。

脇見運転要注意!!。

宮崎にはめずらしいカエデの並木道

生目バイパス

Canon EOS 7D (95mm, f/11, 1/125 sec, ISO100)

生目バイパス

このバイバス道路は、宮崎中心部を迂回する形で、清武方面
生目方面に向かへます。

朝夕の交通量は、結構多いです。

生目台交差点周辺には、車の駐車できるスペースはありません。
周辺の団地内で短時間、駐車できるスペースを探すことになります。

生目台交差点近くに、歩行者専用の陸橋があります。
陸橋の一方の出口は、生目台中学校の上です。
団地側の陸橋入り口の道路であれば、短時間の駐車は可能かと。

この陸橋からは、左右両方のカエデの美しい紅葉を楽しめます。

紅葉の最盛期には、燃えるような赤が目に飛び込んできます。

生目バイパス2

Canon EOS 7D (105mm, f/11, 1/125 sec, ISO100)

生目バイパス2地図で確認 マップコード66 256 032




生目バイパス3

Canon EOS 7D (75mm, f/11, 1/60 sec, ISO100)

生目バイパス3生目バイパス4

Canon EOS 7D (105mm, f/11, 1/250 sec, ISO100)

生目バイパス4生目バイパス5

Canon EOS 7D (95mm, f/11, 1/90 sec, ISO100)

生目バイパス5

生目バイパス6

生目バイパス6

生目バイパス7

Canon EOS 7D (105mm, f/13, 1/90 sec, ISO100)

生目バイパス7

今週末あたりが紅葉の最終章か

12月に入って、カエデの葉っぱも、だいぶ散りはじめました。
散りはじめの、赤から黄に変化した葉っぱが、朝日を浴びて金色に
輝きます。

宮崎市の紅葉スポット 宮崎県総合文化公園のイチョウの葉っぱは宝石をちりばめたように輝いていた

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする