一眼レフカメラが絶滅危惧種になる日は近い

カメラ
カメラ かっての所有機 Canon7DMark2

富士フイルムミラーレスカメラX-pro2を抱きしめて

はっきり言って、これからはカメラの時代ではないでしょう

一眼レフやミラーレフカメラの購買欲を、いくらあおってみたところで、手もとにスマホがあれば、カメラの魅力は魅力ではなくなってしまいます。

今の時代、一眼レフを買って、写真を楽しもうなんて、心に余裕を持つ普通の人間が、この世の中に、いったい何人ぐらいいるかしら。

初期投資が馬鹿にならない

一眼レフカメラは、カメラ本体だけでは写真は写せません。

レンズという別の機材を揃えなければ何も写りません。

それが、半端な値段ではない。

安くて一万円台。高いものになると、普通のレンズでも数万円から~もします。

それも、一本だけでは物足りません。役者不足なのです。

ひろ~く撮したり、花や昆虫を撮したり、飛行機や乗り物を撮したりするためには、それなりの、ほぼ専用のレンズが必要なのです。

いまの世の中、趣味人やマニアならともかく、普通の人間はそんなめんどくさいことには、手出ししません。

スマホのカメラなら、普通の人が撮る分には、広かろうと、花や昆虫や、飛行機も新幹線も、あの小さな携帯電話の中に、すべておさめる事が出来るのです。

普通の人の目線でない開発戦略

上の記事を見て思ったのは、ニコン、リコー、ソニーの考えは分かるとしても、

富士フイルムの、その場で印刷できる新製品‥‥とありますが、

はたして、その場で印刷しなければならない普通の人が今の時代、何人いると予測しているのでしょうか。

おそらく一般向けカメラではなくて、特別な用途向けのカメラなのかも‥‥。

印刷するには、当然、プリント用紙が必要です。インクも必要です。

写真撮影するのに、つねに、それらを携行することになります。

たとえ携行するにしても、どこでもたやすく手に入るようにしなければ、普及はしないでしょうね。

昔、ポロライドカメラというものがありました。

あの方式が流行らなかったのは、1枚しか印刷されないし、何よりも、町の写真屋さんにたのむよりも、割高だったからです。

スマホがカメラを駆逐していく時代

スマホなら、撮ったその場で、あっという間に、SNSで共有できます。

それを乗り越えるだけの魅力を、富士フイルムの、その場で印刷できる新製品‥‥は、備えているのでしょうか。

Canonの携行性やファッション性も‥‥と、あります。

こちらも、すでにスマホが先行しています。携行性はいくらカメラが頑張ったとしても、スマホには太刀打ちできません。

ファッション性だって、いまはそれほどカメラには求めない時代になってきています。

コンデジ最盛期のころは、写りよりもファッション性優先の機種がありましたが、もうカメラにファッション性を追求しても、若者は見向きもしないと思われます。

カメラよりもスマホ、スマホの時代ですから。

誰のための高機能カメラ??

記事の中で、一番正当な道は、ニコンではないでしょうか。

ニコンほどの会社であれば、カメラ以外の体力のある他の部署への配置転換も可能なはずです。

ソニーの高機能機種への絞り込みとありますが、私の考えでは、カメラにそれほどの高機能は必要ないと考えています。

高機能になればなるほど、操作は複雑さをまします。撮影現場でカメラ操作が煩わしかったりすれば、その分、撮影の意欲がそがれてしまいます。

ましてや、一瞬のシャッターチャンスには間に合いません。

いくら高機能をうたい文句にしたところで、日常の撮影スタイルが、オートオンリーでは悲しすぎませんか。

高機能をうたい文句に、価格も上を向くことでしょう。一般人はそっぽを向きます。

一眼レフカメラはやっぱり撮影の王道だった

それでも私は、一眼レフカメラが大好きです。フイルム時代からの愛好者です。

いまも撮影のほとんどは、デジタル一眼レフカメラで撮影しています。

昔は男の所有欲で、何台ものカメラやレンズを手もとに置いて、自己満足でしたが、いまはカメラ一台、レンズ一本の写真生活です。

これからも、一眼レフカメラからは卒業できません。もちろんスマホ撮影との共存です。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする