霊峰高千穂峰山頂「天逆鉾」を社宝に祀る霧島東神社

霧島東神社9
霧島東神社9

第10代崇神天皇の御代にご創建されたと伝えられています。

鹿児島県の霧島神宮が「西霧島宮」と言われたのに対し当社は
「東霧島宮」と呼ばれ繁栄しました。

高千穂峰山頂を飛地境内とし、山頂の「天逆鉾」は当社の社宝として祀られております。

日本をつくった神々がつどう聖域

霧島東神社5

霧島東神社はかなり急な坂を登り、森に包まれた所にある為、下界とは全く違う空気を感じます。

主祭神は伊邪那岐尊(イザナギノミコト)・伊邪那美尊(イザナミノミコト)ですが、

天照大神(アマテラスオオミカミ)・瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)・天忍穂耳尊(アメノオシホミミノミコト)・彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)・鵜葺草葺不合尊(ウガヤフキアエズノミコト)・神日本磐余彦尊(カムヤマトイハレヒコノミコト・神武天皇の別名)が配祀されていて、実にたくさんの神様がいらっしゃる所なのです。

霧島東神社

霧島東神社




御祭神はイザナギノミコト・イザナミノミコト

関連ブログ:小戸神社 江田神社 ラッピングバス

霧島東神社6

霧島東神社6

霧島東神社3

霧島東神社3

巨木と若い参拝者

霧島東神社2

霧島東神社2

地図で確認

眼下にのぞむ御池

霧島東神社9

御池は、約4.600年前におこった噴火の火口に、地下水が溜まって出来た
直径約1km周囲3.9kmのほぼ円形の火口湖。

霧島東神社は、この湖の西北に位置します。

霧島山岳信仰の基盤を作った性空上人(しょうくうしょうにん)が
この池のほとりで修業をしている際に、九頭の神龍が現れ
宝珠を渡したという言い伝えがあり、また、神武天皇が幼少の頃
皇子港の水辺で遊んだという伝説も残っています。

晴れた日には、霧島東神社からこの御池がよく見え、その美しい姿は
何か神がかったものを感じずにはいられません。
https://www.travel.co.jp/guide/article/15690/