広告

【木崎浜海岸のサーファーたち】初心者からプロ級まで波濤が楽しめる木崎浜海岸

広告

Canon EOS 7D Mark II (600mm, f/8, 1/2000 sec, ISO400)

広告
広告

初心者からプロ級まで満足する木崎浜海岸

サーファーが波乗り板を自由に操りながら波濤を突きすすんでいる様子を見ているとコチラの気分まで壮快になってきます。

初心者からプロ級まで波濤が楽しめる木崎浜海岸は季節を問わず多くのサーファーがおとずれます。

土日や休日にもなると海岸道路ぞいの駐車スペースは車でいっぱいになります。

春と秋には全国レベルのサーフィン大会も行われます。

そんなときには道幅が狭いので南と北からの一方通行の規制になるときがあります。

木崎浜海岸の魅力の一つに市街地からアクセスの良さです。

宮崎市中心部から車で20分前後の距離です。

また近くに宮崎大学、宮崎医科大学があり、さらにハイテク工業団地などもあって、サーフィンを楽しむ人口は増えつづけています。

Canon EOS 7D Mark II (600mm, f/8, 1/3200 sec, ISO400)

設備の少なさに要注意

ただ残念なのは木崎浜海岸には公共の施設は完備していません。

トイレが1ヶ所に隣接する形でシャワー二基あるだけです。

全長およそ2キロ前後ある線上には少ないと思います。

県外からはじめてやって来た若者に【トイレはどこ?」とたずねられたことがあります。

飲食店なども一切ありません。

車でいったん国道まで出ればコンビニやパン屋さん、さらにAコープなどもあります。およそ5分~10分程度。

2キロ~4キロ南下すればホテルの温泉施設も利用できます。有料。

木崎浜海岸道路に夜間照明は設置されていません。

それでも休日前後には多くの車が駐車して宿泊しているようです。

もちろん自己責任。

津波に備えての防災スピーカー

海岸道路に津波対策用に2ヶ所に防災スピーカーが設置されています。

万が一防災スピーカーからの警報が発令されたら、何はさておき避難することです。

避難方法は難しくはありません。

来た道をとにかく引き返すだけです。走って10分前後。

Canon EOS 7D Mark II (600mm, f/8, 1/2500 sec, ISO400)

Canon EOS 7D Mark II (600mm, f/8, 1/2000 sec, ISO400)

Canon EOS 7D Mark II (347mm, f/8, 1/2000 sec, ISO400)

Canon EOS 7D Mark II (600mm, f/8, 1/800 sec, ISO400)

Canon EOS 7D Mark II (600mm, f/8, 1/1000 sec, ISO400)

Canon EOS 7D Mark II (600mm, f/8, 1/1000 sec, ISO400)

木崎浜海岸 Kisakihama朝昼夜

広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告