宮崎での新型コロナウイルス感染がとまらない。昨日も19人

きずな暮らしの中で
きずな

あっという間に宮崎県内の新型コロナウイルスの感染者が、141人(7月31日時点)に。

高鍋のスナックでクラスターがおきて、西都・児湯地区にひろがっていき、いつの間にか宮崎市にも飛び火して、感染拡大の火種をつくってしまいました。

その後は、ほかでもクラスターまがいの感染者が、各地で発生するようになりました。

いい加減にしてほしいと思うまもなく、昨日、7月31日には、延岡市で7人のクラスターが発生しました。

クラスターは、まだ、これからも、どこで発生するかわかりません。

自分にコロナ菌がうつらないためには、一にも二にも、

手指の消毒

マスクの直用

不要の外出をひかえる

室内の空気の入れかえ

井戸端会議のような、群れをつくらない

手の届く範囲には近づかない

の、三密に工夫した日常が大切。

 

 

マスクが守る自分の命

感染者市町村

宮崎市49人 高鍋町43人 川南町10人 延岡市9人

日南市5人 木城町5人 日向市4人 西都市4人

都城市3人 新富町3人 国富町2人 高千穂町2人

都農町1人 不明1名

7月31日時点 感染ゼロ

串間市 小林市

五ヶ瀬町 日之影町 諸塚村 門川町 美郷町

椎葉村 西米良村 綾町 野尻町 三股町

北郷町 南郷町

宮崎市2人 高鍋町2人あらたにコロナウイルス感染を確認
宮崎県内でも 第二波 クラスター の流れができつつあるのか。 宮崎市では40歳代の団体職員(女性)と50歳代の自営業者(男性)の感染が確認された。
タイトルとURLをコピーしました