新型コロナウイルスの感染拡大で、休校が長期化する

コロナウイルス暮らしの中で
コロナウイルス

新型コロナウイルスの感染拡大で、休校が長期化するなか、文部科学省は5月1日、小学1年生、小学6年生、中学3年生を優先して登校させる案などを盛り込んだガイドラインを全国の教育委員会などに通知しました。

新型コロナウイルスの感染拡大で休校が長期化するなか、文部科学省は今後、段階的な学校の再開に向けたガイドラインを全国の教育委員会などに通知しました。

ガイドラインでは、時間帯などによって登校する学年やクラスをわけて卒業を控えた小学6年生と中学3年生や教師のサポートが必要な小学1年生を優先して登校させる案を示しています。2020年5月2日

 

新型コロナウイルスについて、東京都で1日、新たに165人の感染が確認されたことが分かりました。
 都内では30日、46人の感染が確認されていて、感染者数が2日連続で50人を下回っていましたが、1日は165人の感染が判明しているということです。これで都内の感染者は累計で4318人となっていて、30日までに120人の死亡が判明しています。2020年5月1日

新型コロナウイルスの感染拡大の勢いを基本的に抑え込んだとしている中国で、1日からメーデーの5連休が始まります。中国国内では、連休期間中、延べ1億人以上が旅行などで移動するとみられ、中国政府は、観光地に入場制限を設けさせるなど、感染が再び拡大しないよう神経をとがらせています。

中国では、新型コロナウイルスに感染して死亡した人が、2週間以上にわたって1人も確認されていないとされるなど、国内での感染拡大の勢いは基本的に抑え込んだとしています。2020年5月1日

注意喚起

注意喚起

新型コロナウイルスの感染拡大で、血液中の酸素濃度を測るパルスオキシメーターと呼ばれる医療機器が不足し始めていて、メーカーは、感染の有無を判断できる機器ではないとして、一般家庭での購入はできるだけ控えるよう呼びかけています。2020年5月2日

パルスオキシメーターは、肺炎などの重症度を判断するには有効ですが、新型コロナウイルスに感染しているかどうかの判断はできないということです。

また、呼吸器の病気に詳しい信州大学医学部の花岡正幸教授は「測定結果の判断は医師などによる専門的な解釈が必要な医療機器であり、必要とする現場に行き渡るよう協力をお願いしたい」と話しています。2020年5月2日

コロナウイルス流出

コロナウイルス流出

トランプ米大統領は1日、米食品医薬品局(FDA)が新型コロナウイルスの治療薬として米医薬大手ギリアド・サイエンシズの「レムデシビル」の緊急使用を認可したと発表した。臨床試験(治験)で感染者の回復を早める効果を確認したとして重症患者への使用を認める。新型コロナの実質的な治療手段として期待を集めそうだ。2020年5月2日

アメリカのトランプ政権が、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため外出などを控えるよう求めた行動指針の期限がすぎ、南部テキサス州など8つの州が一部の業種について経済活動を再開させました。
南部テキサス州は、1度に入店する客を限ることなどを条件に飲食店や映画館などの営業再開を認め、最大都市ヒューストンの飲食店にはマスクをした親子連れの姿などがありました。2020年5月2日

先進国において収束まで早くても2年から3年、長期化すると5年以上は掛かるという試算もあり、長期化を覚悟する必要がある。
新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的な大流行)は、1年から5年程度の部分的な収束を経た上で、ワクチンもしくは自然感染による集団免疫が成立した時点で収束する、というのが合理的な道筋となる。

タイトルとURLをコピーしました