広告

高齢ドライバーの交通事故 急発進・猛スピード・逆走の恐怖

広告

広告
広告

急発進 猛スピード 逆走 高齢ドライバーの三大恐怖

スポンサーリンク

カラスの鳴かない日はあっても、高齢ドライバーが引き起こす交通事故の
ニュースが報じられない日はない。

それほど、高齢ドライバーの運転操作ミスによる交通事故が多発しています。

ひとたび事故を起こしてしまえば、結果、重大事故の割合が多いのも事実です。

重大事故の最大の原因は、ブレーキとアクセルの踏み間違いにあるようです。

急発進して、交差点に突っ込む

急発進して、横断歩道に突っ込む



75歳以上の運転免許証更新時の認知症検査 どんなことをするの ?

アクセルがブレーキに突然変異する恐ろしさ

急発進するまでは、普通に走行していた。

その状態から急発進する。

普通の運転操作なら、そんなことはおこりえません。

普通の運転状態の中で、ちょっと危険を感じた。

危険を感じないまでも、信号が青から黄にかわった。

横断歩道を渡りはじめる歩行者がみえた。

「ブレーキだ!!」

と、普通に考えながらブレーキを踏んだ。

つもりが、アクセルだった。

高齢者ドライバーが運転免許証返納すれば14万4千円の福音

思いこみが事故を増幅する

この時点で、高齢運転者はアクセルをブレーキと信じてうたがわない。

さらに危険を感じてブレーキを踏みこむ。

本人はアクセルをブレーキだと信じ込んでいるので、さらにスピードが増す。

その判断は、コンマ秒~1秒足らず。



瞬間的な判断ミス、操作ミスが取りかえしのつかない悲惨な交通事故を引きおこす

事故後、アクセルをブレーキと勘違いして踏みこんだと素直に認める高齢者。

いや、そうじゃないんだ。アクセルが戻らなかったのだ。と、責任逃れをこころみる高齢者。

どっちにしても、事故の犠牲になった人々はかえらない。

こんな悲惨な事故を減らすためにはどうすればいいか。

一番簡単な答えは、高齢者の運転禁止。

でも、それは現実的に無理。

高齢者ドライバーは自分の命も削りながら運転している 今日を生きるために 

高齢ドライバー8ヶ条

できる限り、運転回数を減らす。

夜間運転はひかえる。

夜間のお通夜は欠席して、翌日の告別式に参加する。

日常的にラジオ体操などで体をほぐす。

運転に自信を持たずに、常に初心者の気持ち。

運転席に座ったら、右足を少し浮かせながら、右左、左右と
数回動かしてみる。

体調不良の時には無理をしない。

長距離運転はひかえる。

あなたが運転をひかえれば、1人の命が助かるかもしれない。

【死亡事故】家族が交通死亡事故の加害者になってしまったら

刑事事件や弁護士の情報を検索中の方へ。家族が死亡事故で加害者になってしまったら... 自動車はたいへん便利な乗り物ですが、一歩間違えば人の命を奪う危険な乗り物です。 もしも死亡事故を起こしてしまったら... 死亡事故に巻き込まれた被害者の遺族の怒りと悲しみは計り知れません。 この先どうしていいのか、どう償っていいのかわ...
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告