老後は年金だけで生活がしたいは絵に描いた餅だった!

ひまわりの種を摘む暮らしの中で
ひまわりの種を摘む

95歳まで生きるための生活資金として2000万円必要とのこと。

その日暮らしの老人たちに、そんなお金、どこにあるの。

 

老後は年金だけで生活がしたい

 

年金だけで暮らしていける年金額って、月額はいくらぐらい必要でしょうか?
夫婦でおよそ20万円~30万円前後?。

毎月これだけの年金を老後に受けとるためには 20代で結婚し、夫婦共働きをつづけていかなければなりません。

夫婦とも60歳の定年まで、およそ40年間働きつづけたとして年金額は335万円。月額27万9千円が見込まれるそうです。

老後の生活の安定のために、若いうちに働いておこうという気持ちはわかりますが、何かほかに方法はないものでしょうか。

上記の例は、20代で結婚し、夫婦共働きをつづけて、夫婦とも60歳の定年まで、およそ40年間、年金を支払ったときの試算ですから。

 

理想の年金と現実の年金のギャップ

未婚の結婚適齢期の男女が増えている中では、年金だけで老後を暮らしていけるだけの、ゆとりを生むのはむずかしそうですね。
やっぱり今の制度では、老後は年金だけで生活出来ような暮らしかたはは絵に描い た餅だったようですね。

結婚すれば子どもも産まれます。妻は働きたくても働けない環境に 追いやられてしまいます。 いわゆる、専業主婦という名の年金減らしの日常がはじまっていきます。

結婚後何とか5年間は会社勤めをつづけていた妻は、子育てのため にやむなく家庭に入ることになりました。

専業主婦です!!

そうなってしまって35年後、夫の定年後に受け取れる年金額は
妻が若いころに会社勤めをしていた5年間の年金額とあわせて
年349万円。月額24万円です。

この辺りまでが、どうにか年金だけで老後、生活していける最低ラインではないでしょうか。

年金
厚生労働省
 

年金だけで暮らせる老人は、ほかの資産設計にもたけている

人生設計の上手な夫婦は若いうちから、自分たちの老後に受け取れる年金額をしっかりと計算していると同時にこの他にも貯蓄や動 産・不動産などの資産形成に怠りがありません。

それも人生 でもそれだけが人生ではない老人たちのほうがはるかに大多数の日本国なのです。

年金をかけていたが、かけていた年数が足りなかったために2ヶ月 に一度の年金支給日には指をくわえてみているほかなかった高齢者おも大勢いました。

こんな記事も書いています。
楽しきかな高齢社会 長生きできる秘訣発見

「就活」と「終活」人生の出発と終着がコトバで重なる運命

タイトルとURLをコピーしました