夜空の雲が主役を演じるとき

夜空にひろがる雲を積極的に撮る

0903aosima246青島

Canon EOS 6D (20mm, f/4, 10 sec, ISO1000)

星景写真にとって、夜空に広がる雲は、ときに、主役を演じることがあります。

美しい形のよい雲は、夜の間にあらわれることがよくあります。

それは、星々を隠してしまうほど厚かったり、薄衣を思わせるほどのうすさで、雲間から星たちを、透かせて見せてくれたりします。

懐中電灯のあかりもときには星景に味をそえることがあ

青島

Canon EOS 6D (20mm, f/3.5, 10 sec, ISO1250)

月夜の空間は、意外に明るく、カメラ設定を少し明るめにすると、日中のような印象になります。

懐中電灯の人が、こちらに気がつきました。

しばらく様子をうかがうようにしてから、懐中電灯の明かりをこちらに向けてきました。

星景撮影にとっては、最悪の行為です。でも、どうすることもできません。

長時間シャッターは開いたままにしておいて、彼らがはやく立ち去ってくれることを、願うだけでした。

台風は八丈島のはるか沖にありましたが、海上の波はここらあたりまで荒れていました。

絶えず、白波がたっています。

長時間露光にすると、荒波も白くやわらかな表情に変化していきます。

星景と比較明合成は切っても切りはなせない

青島

Canon EOS 6D (20mm, f/2.8, 10 sec, ISO1250)

比較明合成で、懐中電灯の光が写りこんだファイルもカットせずに、そのまま比較明合成した


広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする