マイノリティ(少数者)が安心して暮せるために社会が知っておくべき一つのこと

マイノリティ
マイノリティ
マイノリティ

マイノリティ

色弱な人の不安は、そのことを相手にうまく理解させられないこと

スポンサーリンク

色付きそうめんの中に、1本だけ緑色が入っているとラッキーな気分になれたりしますが、その緑色が緑色に見えない人や、黒板に書かれた赤いチョークの文字が見えづらい、という人がいます。


「色覚異常」という先天性の異常です。自身の感覚の問題だけに、なかなか伝わりにくい色覚異常ですが、そんな伝わりづらさを解消できそうな図がツイッターに投稿され、多くの人が「なるほど」となっています。

色付きそうめんの中に、1本だけ緑色が入っているとラッキーな気分になれたりしますが、その緑色が緑色に見えない人や、黒板に書かれた赤いチョークの文字が見えづらい、という人がいます。「色覚異常」という先天性の異常です。




こうした色覚異常を含む、マイノリティ(少数者)と言われる人たちが安心して暮らす事ができるようになるためには、周りの理解が何より重要です。聴覚障害や視覚障害、発達障害や内臓疾患など、外からは目に見えない何かを抱えている人は、気づいていないだけでかなりいます。自分の目や耳などで感じたものだけが全てではありません。見えないところにある難しさについて理解していく事が、形だけでなく心のバリアフリーにも繋がっていくでしょう。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする