広告

エントリークラスのミラーレス一眼カメラ最新情報

広告
X-pro2

X-Pro2

ランキングデータを見るとあいかわらずEOS Kiss がダントツですね。

EOS Kissまでがミラーレスの仲間入りしたことで、選択のはばがおおきくなりました。

スポンサーリンク

広告
広告

エントリークラスのミラーレス一眼カメラ

1位 EOS Kiss M ダブルズームキット ホワイト EOSKISSMWH-WZK(キヤノン)

エントリークラスにいよいよ主役登場!

スマートフォン(以下、スマホ)の普及に伴い、日常の1コマや趣味、料理などを気軽に撮影して仲間と共有したり、SNSに公開して楽しむことが当たり前となっているなか、ミラーレスカメラの人気が高まっている。

そして2018年、EOS Kissシリーズ誕生25周年を迎える年に、ミラーレスカメラとして初めてEOS Kissのブランドを冠した「EOS Kiss M」がシリーズに加わった。

おいしい市場を指をくわえてみているだけではすまなくなってきたのでしょうね。

2位 (ソニー)α6400 ダブルズームレンズキット ブラック ILCE-6400Y(B)

待望の最新エントリーミラーレス一眼カメラの誕生

キヤノンではEOS Kiss Mを発売したが、ソニーは近年フルサイズミラーレスがおもで、エントリークラスのモデルは発売されいませんでした。

キャノンやニコンと比較して一歩後退している印象でした。

そんな状況を一変させるかもしれないのが2019年2月日に発売されたのがSONY α6400

従来モデルα6300の発売から約3年を経て、後継機として待望の最新エントリーミラーレス一眼カメラの誕生です。

3位 EOS Kiss M ダブルズームキット ブラック EOSKISSMBK-WZK(キヤノン)

4位 α6400 ダブルズームレンズキット シルバー ILCE-6400Y(S)(ソニー)



5位 OLYMPUS PEN E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト(オリンパス)

スマートフォンでは実現できないワンランク上のセルフィー写真

もっと綺麗にセルフィーしたい!!そんな期待に応えるのがE-PL8。モニターを回転するだけで、スマートフォンでは実現できない、ワンランク上のセルフィー写真(「自分撮り」「自撮り」「自画撮り」などに相当する。特に、スマートフォンなどの機を用いて、FacebookなどのSNSに掲載するための自分の写真を撮影すること)を簡単撮影。
さらに、セルフィー動画なら、メッセージも動きももっと伝わります。となっています。

富士フイルムミラーレスカメラX-H1にしょうかX-Pro2・X-T2がいいかもと迷う
富士フイルムミラーレスカメラX-H1にしょうかX-Pro2・X-T2がいいかもと迷う。

広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告