広告

日南市槻の川内のイロハモミジは一本立ちで幽玄に輝いていた

広告
北郷町槻の河内イロハモミジ
北郷町槻の河内イロハモミジ
広告
広告

晩秋の朝景色

明け方に降り止んだ雨で、アスファルトの所々には、水たまりができていました。
晩秋の柔らかな朝日が水たまりに反射して、金色の珠々玉のようにキラキラと光っています。

歩道を自転車で行く中学生達はもうすっかり冬姿です。
首にマフラーを巻いている女子中学生もいます。

そんなどこでも見かける朝の風景を視界に入れながらを車を運転しているうちに、
北郷町の町中を外れ、ひたすら広渡ダム目指して走ります。

樹齢200年超巨木。古木 地図

北郷町槻の河内イロハモミジ

北郷町槻の河内イロハモミジ 2017年11月14日

ダム湖の反対側に広がる深い森

広渡ダムに到着すると、上流部にダムをまたぐ橋があります。

ダム対岸の黒みを帯びた山腹は、雨上がりの濃い霧が稜線まで立ち上がっています。

橋を渡って渓谷沿いの山道を進んでいきます。
道はばはせまいもののほぼ平坦につづきます。

途中、公園入り口の看板を左に見ながら直進です。
そろそろ飽きたなと感じるころ小さなカーブをすぎた先に、
ひっそりと紅葉したイロハもみじの姿が現れます。

北郷町槻の河内イロハモミジ 2017年11月14日

北郷町槻の河内イロハモミジ

北郷町槻の河内イロハモミジ

北郷町槻の河内イロハモミジ

そこにだけ幽玄な空気を感じる

その周辺にだけ、数台の駐車スペースが設けられています。

イロハモミジのすぐ横に、はばの狭い渓谷があり清流が絶えず音を立てていました。

清流のせせらぎを聞きながら、紅葉したイロハもみじを見あげていると、少しだけ幽玄な世界に浸ることができます。
ただし、ほかの鑑賞者がいなければ。

渓谷の稜線は緩やかですが、山腹一帯に生い茂るシイ。カシ。モミ。などの広葉樹が広がる中にイロハもみじのほかには、周囲を見わたしても、秋色に色づいている木々は見当たりません。

北郷町槻の河内イロハモミジ

北郷町槻の河内イロハモミジ

北郷町槻の河内イロハモミジ

北郷町槻の河内イロハモミジ

北郷町槻の河内イロハモミジ

北郷町槻の河内イロハモミジ

北郷町槻の河内イロハモミジ

北郷町槻の河内イロハモミジ

汚れなき渓流

広葉樹林の中にに突如、光の天使が舞い降りたような優雅さです。

温暖な南国のこの地に一本だけ生息して、紅葉を紡いでいるのは、偶然に幹のすぐ側に渓流があり、寒暖差の調整役を果たしていたのでしょうか。

夏場の高温多湿の時期でも、周囲の広葉樹林帯がカーテンの役割を果たし、渓流から吹き上がる清冽な空気で、気温が年間を通じて,ほぼ一定に保たれているからではないでしょうか。

北郷町槻の河内イロハモミジ

北郷町槻の河内イロハモミジ

広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告