広告

宮崎県門川町・尾末神社だんじり祭は平成男達の心意気 壮年男のパワースポット

広告
宮崎県門川町尾末神社だんじり祭 2017
宮崎県門川町尾末神社だんじり祭 2017

平成30年10月14日(日) 午前10時15分

季節 先取の風景

宮崎県門川町尾末神社だんじり祭 2017

宮崎県門川町尾末神社だんじり祭 2017

港には大漁旗を風になびかせながら停泊している漁船。
紺碧の秋空は、絶好の祭り日和です。

太鼓が鳴りひびきます。笛の音が流れてきます。

男達の祭り歌が、空気をふるわせています。

太鼓。笛。歌声の中で門川の男だんじりは勢いづいてきます。

宮崎県門川町尾末神社だんじり祭 2017

宮崎県門川町尾末神社だんじり祭 2017

宮崎県を代表する、男達の秋祭り。

男達の本気度に圧倒されます。

もちろん若者達もいますが、壮年の男達が白着流しで、
御輿を担ぎ、道路狭しとパワーを発散します。

厄年の男たちが厄払いのために御神体を乗せた御神輿を担ぐので、
この祭りには壮年の男達が集中するのです。

ここは漁師町。おとこ町です。

宮崎県門川町尾末神社だんじり祭 2017

宮崎県門川町尾末神社だんじり祭 2017

毎年、11月の第3日曜日に行われている「尾末神社大祭。

菅原道真公をまつる尾末神社を中心に、海の豊漁と安全を祈願して行われるこの祭り。

見どころは、なんといっても約200年の歴史を持つ「だんじり」です。

尾末、下納屋、上納屋の3地区から、3基登場する「だんじり」は、1基の重さが約2トン。

車輪などは何もついていないこの「だんじり」に、8人の少年が乗り込み、1つの「だんじり」を約150人で担いで練り歩きます。




宮崎県門川町尾末神社だんじり祭 2017

宮崎県門川町尾末神社だんじり祭 2017

宮崎県門川町尾末神社だんじり祭 2017

宮崎県門川町尾末神社だんじり祭 2017

宮崎県門川町尾末神社だんじり祭 2017

宮崎県門川町尾末神社だんじり祭 2017

宮崎県門川町尾末神社だんじり祭 2017

宮崎県門川町尾末神社だんじり祭 2017

「だんじり」を決して落とさず、足もつけずに神社本堂を3周する「宮めぐり」や、門川漁協(海遊物産館うみすずめ)前で3基の「だんじり」をより高く持ち上げて豊漁を願い、勢いを競い合う「さしくらべ」は圧巻の迫力! 勇壮華麗な海の男の祭り。

同じような記事を書いています。
宮崎 門川尾末神社だんじりが壮快すぎる

250年以上続く大漁や漁の安全を祈願する祭りです。

上納屋(かみなや)・下納屋(しもなや)・尾末(おずえ)の3地区から「だんじり」と呼ばれる太鼓台が出されます。

宮崎県門川町尾末神社だんじり祭 2017

宮崎県門川町尾末神社だんじり祭 2017

「だんじり」は平成17年1月27日に町の無形民俗文化財に指定されました。

祭りの見所「さしくらべ」では、どの地区が最も勇壮に「だんじり」を担ぎ続けることができるかを競います。

厄年の男たちは厄払いのために御神体を乗せた御神輿を担ぎ、地区内を練り歩きます。

門川の町は、朝はやくから夜遅くまで、だんじりと御輿の興奮に包まれます。

写真録

宮崎県門川町尾末神社だんじり祭 2017

宮崎県門川町尾末神社だんじり祭 2017

宮崎県門川町尾末神社だんじり祭 2017

宮崎県門川町尾末神社だんじり祭 2017

宮崎県門川町尾末神社だんじり祭 2017

宮崎県門川町尾末神社だんじり祭 2017

宮崎県門川町尾末神社だんじり祭 2017

宮崎県門川町尾末神社だんじり祭 2017

広告