宮崎うどん屋食べ歩き!大盛りうどん店

おもに宮崎市内に店を構えているうどん屋さんの食べ歩きを紹介します。

昼食代に500円以上をかけたくない自分には月の半分のランチはうどんです。

グルメ情報ではありません。実際に食べたうどん屋さんで一番安いかけうどん(並うどん)と、そのうどん屋さんの雰囲気などをお伝えできればと思います。

あくまでも個人の主観的な感想なので……。

宮崎でうどんを語るなら絶対に外せないお店

孤高の味を守り続けて100年。100年の技と知恵がしみこんだ出汁はどこのうどん屋さんもまねが出来ません。

X-Pro2 (18mm, f/4.5, 1/125 sec, ISO500)

たたきがお客を誘う

さりげない玄関ですが引き戸を開けて中に入ると店内にはいるたたきがのびています。

壁際の椅子は順番待ちのお客さんのためか。お客さんの多いことが想像できます。

わざわざこの長さのたたきを用意したということは店に来てくれるお客さんを外に待たせない店の心遣いなのかも知れません。

X-Pro2 (18mm, f/4.5, 1/125 sec, ISO800)

さて 何を食べよう

たたきを抜けるとしゃれたメニュー掛けが目にはいります。

小盛うどん240円も目にはいりましたが素直にうどん360円を注文しました。

X-Pro2 (23.3mm, f/4.5, 1/125 sec, ISO800)

名物大盛りうどん 創業大正2年

大盛りうどんの出汁は毎朝、厳選したイリコで濃厚な出汁をとり特別に作られて濃口醤油と合わせて出来上がります。

昔から変わらない

宮崎の老舗の味

親子孫三代で通う

なつかしい味、ふるさとの味を守り続けています。

出汁に絡みやすい

自家製麵も独特で

小麦粉の配合 麵生地の熟成

ゆで時間までこだわりふっくら柔らかな麵に

仕上げています。

一世紀続く伝統の味を

是非ご賞味ください。

大盛りうどん

X-Pro2 (30.2mm, f/4.5, 1/125 sec, ISO800)

心落ち着くカウンター席

テーブル席に着くとスタッフの方が水のはいったコップを運んできてテキパキと注文をとってくれます。

カウンター席と長テーブル席間はついたてで仕切られています。一人か二人の時はカウンター席をすすめられるようです。

X-Pro2 (18mm, f/4.5, 1/125 sec, ISO800)

これぞうどん本来の味

運ばれてきたうどんはほかのうどん屋さんではあまり見かけない独特な出汁の色と麵の存在感があります。

100年続く自慢の出汁の貫禄十分。

出汁をひとくち口にふくむと熱気のこもった甘さが口の中にひろがります。

その勢いで麵をすすると思わず「うまい」と口に出したくなります。

太めの麵であるにもかかわらず適度に喉にすべり込んでいく心地よさ。

この麵の太さがなぜか田舎っぽさをおぼえ、やっぱりうどんはこうでなくちゃと妙な安心感があります。

360円也のうどんにしてはたっぷりの量です。ぜひ空腹時の来店をおすすめします。

X-Pro2 (34.3mm, f/4.5, 1/125 sec, ISO800)

宮崎うどん屋ものがたり
宮崎うどん屋の歴史を刻んだ奥野豊吉

うれしい大盛りうどんお客様感謝デー

毎月第3木曜日 うどん・そば全メニュー100円引!!

持ち帰りもOK

毎月29日は肉の日

肉メニュー100円引き

こんな大盤振る舞いのうどん屋さんに感謝感激!!!

X-Pro2 (25.4mm, f/4.5, 1/125 sec, ISO800)

店内には古い時代の製麺機なども展示

X-Pro2 (18mm, f/4.5, 1/125 sec, ISO800)

道案内

宮崎中心街から北に向かいます。江平五叉路を通過するとやがてアーケード街に。

その最初のお店。

宮崎市江平アーケード街の南の外れにあります。

X-Pro2 (18mm, f/7.1, 1/250 sec, ISO320)

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする