光と影。JR日豊線全線開通で「ななつ星」3ヶ月ぶりに快走 みゃざき

ななつ星413
ななつ星413

夏の台風18号で、大分県内の路線が不通になっていましたが、
復旧工事が完了して、12月19日から通常運転を再開しました。

その間、迂回運転をしていた豪華観光列車「ななつ星」が
12月20日に、日豊線南ルートに帰ってきました。

復帰1号車となった「ななつ星」が停車した美々津駅では
到着を待ちきれない、多くの住民達が、ホームに集まったようです。

ななつ星413

ななつ星413 一ツ瀬川鉄橋を通過

地元住民の夢と希望をのせて

JR九州は14日、9月の台風18号による被害で大分県内の一部区間が不通となっている日豊線について、土砂の撤去など復旧作業が進み、12月18日に運転を再開できると…

運行ルートを一時変更していた豪華寝台列車「ななつ星in九州」の3泊4日コースも同19日から、日豊線を走り宮崎県に入る運行旅程に戻す。

大分、宮崎両県を走る「にちりん」や福岡、大分両県を結ぶ「ソニック」といった特急列車の部分運休も解消される。一部区間では線路脇の崩れた斜面の補修が必要なため、安全に配慮して当面は徐行運転する。

9月の台風18号による土砂崩れなどで不通になっていた大分県内のJR日豊線の臼杵(臼杵市)―佐伯(佐伯市)の運行が18日再開し、JR九州は佐伯駅で記念式典を開いた。土砂の撤去作業が進み、約3カ月ぶりの全面復旧にこぎ着けた。

 JR九州によると、普通列車のほか、宮崎などを結ぶ特急「にちりん」や「ソニック」も18日から運転を再開。運行ルートを変更していた豪華寝台列車「ななつ星in九州」の3泊4日コースも19日から日豊線を走り宮崎県に入る旅程に戻す。

ななつ星414

ななつ星414 南宮崎駅

悲しきかな減便ダイア改正

大分合同新聞プレミアムオンライン「Gate」では、大分県内ニュースを中心に速報、イベント情報や世界の主要報道などを掲載しています。

関連記事

JR九州がすすめる今回のダイア改正は近い将来の廃線にむけた布石だ!

JR九州、来春ダイヤ改正で最大減便。在来線111本、新幹線6本。観光列車「はやとの風」も

やっぱりそうだったか!宮崎駅ー鹿児島中央駅間の特急列車ワンマン化 JR九州

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする