野良猫たち人間に飼われる

野良猫ファミリー
野良猫ファミリー 執筆人撮影

野良猫の暮らしやすい街 暮らしにくい街

自由気ままな野良猫と、いつも飼い主の目の光っている家猫同士が、坂道や狭い路地の隙間で、火花を交わしているニャン

近頃の猫ブームで、この坂の街にも、猫目当ての観光客がやってくるニャン

そんなときの主役は、家猫ではなく、われら野良猫ニャン
猫目当ての観光客が、猫にどんなポーズを期待しているか、野良猫にはよく解っているニャン

二つ三つポーズを作ってやれば、そんな観光客は大喜びで、おやつの一つ二つは投げ与えてくれるニャン。
低い姿勢でひざまずいたり、腹ばいになって、猫目線でレンズを向けられると、こっちも、本気になっていい演技をするニャン
近頃は人間同士の挨拶も途絶えがちだと聞くけど、野良猫に向かって挨拶してくれる人間は、結構いるニャン

野良猫に餌を与えないでくださいニャン
野良猫退治ニャン
騒いでる人間もいるみたいだけど、誰が野良猫にした、と聞きたいニャン

さまよえる猫たち青島台風惨禍 2017å¹´10月台風21号

飼い主のいない猫の保護や、飼育希望者への譲渡などの活動を行う東京キャットガーディアン(東京都豊島区)は2016年1月12日現在、子猫111頭、成猫96頭の里親を募集している。

猫の里親になるまでの流れはこの様になっています。

猫の里親になるためには、公式サイトで譲渡条件などを確認した後、申し込みを行います。

後日届く書類に必要事項を記入して、同法人の譲渡担当者と個別面談が行われるとのこと。

面談で「適正な飼育者」であると確認できた後、引き取り可能となるそうです。
気に入った子がいれば手続き後に猫と写真撮影を行う。

こうすることによって、初対面の猫チャンとの親近感が早まるのでしょうね。

同会場の猫はいずれも生後2カ月前後から(成猫含む)で、健康診断済み。ノミ・ダニ・腸管寄生虫の駆除、3種ワクチン接種、去勢不妊手術も済んでいると事なので、最初の不安は取り除かれていますね。

21匹を長野市が保護 県警で捜査

青島台風惨禍 2017年10月台風21号

長野市は26日、同市信州新町の山中で、何者かに遺棄されたとみられる猫21匹を同市保健所が保護したと発表した。

▼現地で市保健所は、推定年齢4カ月から3歳の猫が多数いることを確認。21日に13匹、22日に5匹、25日に2匹、26日に1匹を保護した。
いずれも極めて空腹の状態にあり、衰弱している猫もいるという。

飼い猫でも預かり猫でも、これだけ多くの猫がいて、近頃鳴き声も聞こえない、姿も見かけないとなれば、近所の人はすぐに気づくでしょう。

今回の報道をきっかけに、犯人は見つかると思います。

▼猫たちは、市保健所担当者が21日に現地で確認した際、さみしそうに寄り添っていた。しかし保護する際に逃げ出す猫もいたため“一網打尽”とはいかなかった。

同時に遺棄された猫がなおも山中に残っている可能性があるという。
猫のたたりの恐ろしさを知らない者の仕業でしょうね。

野良猫エレジー

青島台風惨禍 2017年10月台風21号

一日中、窮屈な家の中に閉じ込められている飼い猫よりも、広々とした大自然の中で、のびのびと過ごしたほうがどれ程、猫たちにはいい事か。

犬にしても猫にしても、本来は野生で暮らす生き物ですから。

人間のご都合主義で、家で飼われたり、野良に捨てられたり。

野良犬や野良猫の気持など少しもわかってはいません。

猫の怨念は恐ろしいぞ

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DSCF6466.jpg です

少なくとも、いま、私の接している、公園の野良猫たちには、暗さや惨めさは感じません。

七匹の野良猫たちは、いつも伸び伸びと過ごしているように見えます。

世間では野良猫お断りだとか、野良猫退治だとか騒ぎ立てて、野良猫を犯罪者扱いにしています。

それだって、元をただせば、人間が野良に追いやってしまった結果なのです。

野良猫の気持なんて、全然わかっていないのだから。

人間どものせで不幸に落ちた野良猫が、いつの日かこの怨念を晴らすために襲ってこないという確信はどこにもありません。いつか見ておれよニャーゥォ。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする