暮らしの中で

あらたに宮崎市50代夫婦 高鍋町30代男性が新型コロナウイルスに感染

宮崎県内で7月22日、あらたに三人の新型コロナウイルス感染者が判明。 三人とも症状はかるいものの、感染症指定病院に入院。 宮崎県内21~23例目 宮崎市内の夫婦は自営業で、東京、神奈川からの来訪者とともに、...
暮らしの中で

今年の梅雨明けは平年よりおそく四連休後になりそう

今年の梅雨はまだあけない。 気圧配置図的には、今週中に夏本番がやってくるきざしは、まだみあたらない。 夏休みがはじまっても、梅雨が開けない年はめずらしい。 平年の梅雨明けが7月14日前後だから、今年はだいぶゆっくりとしたものだ。 ...
暮らしの中で

新型コロナウイルスが今年の夏休みを変えた

小学校や中学校で、7月23日から夏休みがはじまります。 夏休みは子供たちにとって、1年のうちで一番たのしい長期の休みです。 プールや海水浴、キャンプファイヤーなど、この季節でしかできない遊びや体験ができる季節です。 でも、今年の夏休み...
暮らしの中で

土用の丑の日 うなぎを食べて夏バテ、夏やせを乗りきろう!!

今日は土用の丑の日。 この日にうなぎを食べると、普段よりも精がつくと。 夏バテ予防、夏やせに効果があると、昔から言い伝えられています。 店頭にならべられた、あめいろをした蒲焼きをみるだけで、元気をもらえますよね。 早速、うなぎを...
暮らしの中で

日本人の心にひびく北朝鮮女性歌手が歌う感動と哀愁をおびた日本の歌謡曲

日本にとって北朝鮮は、日本人拉致という高い障壁があり、一刻もはやい帰国を切望してい国民がおおくいます。 今回は国家としてどうかはさておき、北朝鮮の文化、芸術に目をむけてみると、そのレベルの高さにおどろかされます。 とくに北朝鮮女性歌...
暮らしの中で

笑わない高齢者は笑う高齢者より要介護者になる確率が1,4倍高くなるぞ!!

つねに苦虫をかみつぶしたような表情が美徳と思っている高齢者には、すこし耳の痛い研究結果が報告されました。 コロナだ、大雨災害だという時節に、笑えるか!と、御仁は表情をしかめられるかもしれませんが、そんなときには、落語でも聞きながら、いちど...
暮らしの中で

日本人の心に響く歌声 ロシア民謡 カチューシャ・コロブチカ・百万本のバラ

新型コロナウイルス感染の恐怖で、人々の心は疲れてきます。 そんなときに聴いて癒やされるのが、ロシア民謡です。
暮らしの中で

国民の命と健康をないがしろにしたGo To トラベルキャンペーンが安倍災になりませんように

東京を中心に再びコロナウイルスの感染が拡大しているなか、Go To トラベル キャンペーンがこれから、どう展開していくのか関心があつまっています。 Go To トラベル キャンペーンにあおられるようにして、都会やその周辺地域のひとびとが、...
暮らしの中で

死後離婚 婚姻関係や自分のお墓のこと 揺れる嫁心2

昨日までは同じ屋根の下の家族、今日からは赤の他人 もし、姑達と同居していて姻族関係が終了したからといって、同居人を追い出す強制力はありません。 自分だけが自由の身になって、他人を顧みない姿勢には、どこかに人の道としての罪悪感があるのも事...
暮らしの中で

老後は年金だけで生活がしたいは絵に描いた餅だった!2

アリとキリギリスは童話の世界ではなく、日本の実話だった! ! まるでイソップのアリとキリギリスのキリギリスのほうの世界。 ”身から出た錆”と、年金だけで生活するのは苦しいと、うそぶいている老人層たちから 上から目線で見られている、底辺...
暮らしの中で

避難準備情報から避難指示まで2

避難勧告とは 災害による被害が予想され、人的被害が発生する可能性が高まった場合。 避難場所に避難する。 地下空間にいる人は、速やかに安全な場所に避難する。 と、なっていますが、台風シーズンなどで、くり返し「避難勧告」情報が出されると...
暮らしの中で

嫁姑の関係 やっぱりたどる同じ道2

嫁はキツネ 姑はタヌキ むしろ嫁の立場からすれば、舅に嫌われるぐらいが、姑との関係を上手くつなぐ糸口になるか場合もあるようです。 「あの嫁の態度は何だ。ろくすっぽ、隣近所に挨拶も出来ん」 と、舅に言わせればしめたものです。 それを聞...
暮らしの中で

二日酔いの朝のお味噌汁2

肝機能を高める働きのあるあさり あさりに含まれるタウリンには、肝臓の中で胆汁酸を分泌したり、肝細胞の再生を促進したり、細胞膜を安定化させたりする働きがあり、肝機能の向上が期待できるとされています。 さらに、タウリンにはアルコールの分...
暮らしの中で

高齢者ドライバーいじめ2

本当に高齢者から免許証を取りあげようとするなら、まず自分 が率先して返納してみることだ 自分に車がなくなって不便を感じている以上に、高齢者は”あし ”の不便さをおぼえているのです。 それでもあなたは、高齢者から免許証を取りあげますか。 ...
タイトルとURLをコピーしました