今までに撮影した写真の活用法 Instagram投稿編

青島合成写真

みなさん、これまでに撮影した数多くの写真を効率的に利用しているでしょうか。

私はいままでにiPhoneや一眼レフ、ミラーレスカメラで撮りためた写真を、パソコンの外付けハードディスクと、Googleフォトに保存しています。

そして、それらの写真を選んでInstagramに投稿しています。

あとで泣かないために保存先は最低二ヶ所

iPhoneなどの携帯で撮影して、そのままにしておいたり、一眼レフ、ミラーレスカメラで撮影してパソコに取り込んではみたものの、撮影したときの感動が今ひとつ、ということが案外多いのではないでしょうか。

そんな気持ちを一度抱いてしまうと、そのあとなかなか回覧する機会がないものです。

ハードデスクから消すだけの決断もつかないまま、写真の数だけが増え続けていきます。

iPhoneなどの携帯末端から写真撮影する機会が多い昨今、何もしないで撮りつづけていると、気づかないうちに容量がいっぱいになってしまいます。

容量を空けるためにも、Googleフォトの利用はおすすめです。

これで、保存は整いました。

Instagramに投稿しよう

せっかく撮影した写真を保存しっぱなしでは、宝の持ち腐れ。もったいない。

Instagramに投稿してみましょう。

Twitterやフェスブックもあるのに、なぜInstagram?

ほかのSNSよりも反応を得やすいからです。

反応がないと、しだいにモチベーションがさがってきます。

そこでオススメなのが、Instagramです。
写真に特化しているのも、写真好きにはいいと感じます。

若い人たちのようにインスタ映えするような写真はなくても、ひと工夫することで、ありふれた風景写真やスナップ写真に興味を持ってもらえる機会がふえます。

iPhoneなどであれば、どれか一枚の写真をInstagramにアップすれば、そこで明るさやボケ具合なども調整できる様々なフイルターがそなわっています。

あまりいろいろなフイルターを重ねあわせるよりも、明るさだけを調整するぐらいが、ちょうどいい感じに仕上がる時がおおいです。

一眼レフカメラ、ミラーレスカメラなどで撮影した写真には、LightroomとPhotoshopで編集することをオススメします。

Lightroomで基本的な調整を済ませてから、Photoshopに送るか、直接、Photoshopで編集するかです。




RAWで撮影した写真であっても、PhotoshopではRAW現像ができるので、Lightroomから送るより、ひと手間はぶけます。

Photoshopでは切り抜き、合成程度覚えれば、簡単な合成写真をつくることができます。

青島合成写真の元

この合成写真は少し極端ですが、背景の海岸の風景に、7枚の違ったカットの写真を切り抜いて合成しています。

イメージはどれも南国青島に似合うものばかりです。

合成写真には物語性をもたせる

私が合成するときに大切にしていることは、鑑賞者が完成した合成写真に物語をおぼえることです。

風景写真とスナップ写真で、意表をつくような合成になれば成功ですが‥

必ずしも合成でなく、一枚写真でも、そこにキャプションやテキストを貼ることで、写真がいきてくることがあります。

ハードディスクやGoogleフォトに保存してある写真に日の目を見せましょう。
いままで色あせていた1枚の写真が、一気によみがえります。