走って良し散歩で良し 全国各地のおすすめコース

ロードコース
ロードコース 執筆人撮影

めぐまれたランニングコース

スポンサーリンク

ロードコース

KIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園の東側に隣接するランニングコース。
松林の防潮林のなかを周回するランニングロードコースは、およそ三キロの松林のなかをぐるっとまわり快適そのものです。
地面はクッション舗装がしてあるので足の衝撃も軽減されます。

南国の灼熱の太陽も松林が暑さを完全に遮ってくれます。

海風が松林の中を吹きぬけて、快適なランニングをサポートしてくれます。

冬の西風は松林の頭上で騒いでいるだけで、地表近くには降りてきません。

所々に緩やかな起伏はありますが、全体的には平坦です。

潮騒を聞きながら

この松林のなかを周回するランニングロードコースから南に延びているのが、シーサイドロードコースです。

およそ五キロ。波打ち際に沿って青島まで続きます。

途中、子供の国の遊園地を右手に見ながら走る気分は最高です。

併設されているリゾートホテルは、読売巨人軍のキャンプ時の宿泊に利用されています。

波打ち際には四季を問わず、サーファーの姿があります。

青島を訪れる観光客のなかを縫うように走るランニングもまたいつもと違った気分にさせてくれます。

松林のなかのランニングロードコースから青島間のおよそ五キロは歩行者専用道なので、車を気にすることはありません。

マラソンランナーの鈴木莉紗です。今回は初心者の方にオススメのランニングコースと、皇居の基本的なルールについて書きます。コースを決めるにあたっておさえておきたいポイントは以下のとおり。1. できるだけ起伏

全国各地には数え切れないほどのランニングコース

1. できるだけ起伏が少ない平坦な場所…アップダウンが激しすぎるとそれだけで疲れてしまいます。坂道ランは筋トレの代わりにもなるので、トレーニングのバリエーションを増やしたい時は積極的に走ってみてください。

2. 短すぎず長すぎない、ほどよい周回路…周回コースは「今日は◯周走ってみよう!」と目標設定がしやすい。

3. 車があまり通らず信号が少ないところ…車がたくさん通る場所や歩道が狭いところは危ないです。また信号が多いところは走り続けられる時間が短くなるのでオススメできません。

寒さも和らいでくるこれからの季節は、ランニングにはもってこいです。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする