豪雨災害に備えた「警戒レベル」の意味

出展:気象庁 これは生き残るための行動をとる5段階表示です。
出展:気象庁 これは生き残るための行動をとる5段階表示です。

災害の発生が予想されるとき「自らの命は自らが守る」意識を持ち、自らの判断で避難行動をとるか、とらないかで、その後の命が大きく左右されます。

過去の経験に照らしあわせたりせずに、いま現在の状況に応じて行動をはじめることが
自らの命は自らが守る」一番いい方法です。

危険を感じたら逃げるが勝ち

逃げ遅れが「自らの命を失う」ことにつながります。

豪雨のたびに、悲劇はくりかえされています。

いろいろな情報機関から発信される、

「土砂災害注意情報」

「河川氾濫注意情報」

などを聞いたら、自らが避難を決断する準備が必要です。

このレベルになると、考えるよりも。即、行動開始です

「土砂災害警戒情報」

「河川氾濫危険情報」

大雨 噴火 津波 「特別警報」のイメージ

特別警報

出展:気象庁 特別警報

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする