サバイバル少年、奇跡の生還

湖畔
湖畔 執筆人撮影

世界が驚愕した少年の生命力

北海道で7歳の男の子が行方不明になったのは、昨年(2016年5月28日)の事でした。
原因は、少年が人や車に向かって石を投げたりしていたので、両親が「しつけのため」といって、帰りの車中から下ろしました。

やく5分~10分後に、下ろした現場に父親が戻ってみると、、少年の姿はなかったということです。

そこから事件ははじまりました。
両親からの連絡を受けた警察は、消防や地元民など協力をえながら、周辺の森などの大規模捜索を行いました。

考えられる周辺の範囲をくまなく探しても、少年は行方不明のままでした。

周囲にあきらめの空気が漂いはじめた6日目に、少年は行方不明になった現場から数キロ離れた、自衛隊施設の小屋で発見されました。

まさかの油断

なぜ発見がここまで遅れたのか。
その最大の原因は、7歳の少年が「まさか、あんなところまでは行かないだろう」との、大人の思い込みでした。

後に明らかになったところでは、少年は、その日のうちに自衛隊施設の小屋に到着しています。

家族の乗った車から降ろされて、息子はしょんぼりしているだろうなとイメージしながら、迎えに行った父親の期待を裏切って、父親の視界から消えていました。

両親の車から降ろされた少年は、何を思ったのか、家族の乗った車とは反対方向に、歩きはじめたのです。

ただ、道のまんま、すたこらさっさと。

そして、その日のうちに、自衛隊施設の小屋に到着してしまいました。

神は少年を見守ってくれた

神は、少年に味方していました。普段は施錠してあるはずのドアが開いたのです。

小屋の中には、床に敷くマットレスが置かれていました。
少年は、マットレスとマットレスの間にはさまれるようにしながら、眠りました。

食べ物はありませんでした。小屋の外にあった水道の蛇口をひねって、水だけで空腹をしのいでいました。

たいして健康上の不安もなく無事に見つかり、このニュースを知った世界中の人々が、喜びあいました。

同時に少年のたくましい精神力を、賞賛する声が上がりました。
6日間も1人でいながら、パニックにもならず、じっと同じ場所にいたことが、体力維持につながりました。

知識人は有害なときも

一時は、親に対するバッシングが横行しました。親の犯人説まで飛びだす始末でした。

子供に対する、親のしつけの方法にも、一石を投じました。

この事件に関しては、各界様々な人々が、意見を言い合っていました。

その中で、多くの批判を浴びたのが、この人の意見でした。↓↓
http://ameblo.jp/oginaoki/entry-12166045452.html

世界が驚愕した日本のしつけ方式

この事件は、外国でも大きく報道されました。その、報道の内容は、日本とは大きく違うものでした。
「しつけ」ではなく「置き去り」または「捨てた」と報道されていたようです。
アメリカでは、子供を1人にさせているだけで、児童虐待や育児放棄の罪に問われて逮捕されたり、親の目の届かないところに、子供を1人で行かせたりしただけでも、数百万年の罰金や児童相談所に呼び出されるとか。

油断大敵

今日からゴールデンウィーク週間です。多い人は9連休・10連休もあるようです。
家族で過ごす機会も多いこの季節、子供とのつきあい方を考える週間にもなりそうですね。

サバイバル少年、奇跡の生還からやがて一年。今年の「GW」家族と過ごすための一考にしましょう。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする