防空壕の作り方のサイトを集めてみました

防空壕・核シェルター
防空壕・核シェルター

死語から生き返った防空壕

アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩主席との
口撃が、最近では日増しに、現実の攻撃にエスカレート
してきているような状勢です。

スポンサーリンク

私たち一般国民が、核やミサイルの攻撃から
避難する手段として、とりあえずは”防空壕”
的なモノへの、退避しかありません。

ほぼ、死語に近かった防空壕が、こんな形で
よみがえるのは、恐ろしいことです。

しかし、緊急時の防空壕は自宅、または近くの
建物の中に、退避することが一番ではないでしょうか。

米海軍は23日、朝鮮半島付近に向けて北上している米海軍の原子力空母「カール・ビンソン」と海上自衛隊の共同訓練を西太平洋上で同日開始したと発表した。弾道ミサイル発…

防空壕よりもまず自然災害から身を守る備え

アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩主席の口撃がひとまず沈静化したことで、北朝鮮からの核攻撃の不安は少し遠のきました。

いつまた二人の口撃が再開されるか予測できませんが、とりあえずいまは日本が直面する自然災害から我が身を守る備えの構築が急務です。

敷地内に防空壕を造っていたとしても西日本豪雨のようなものに見舞われたら、防空壕自体が浸水して危険です。

地震に直面したらどこにあっても危険にさらされます。

防空壕とはまさに空から攻撃してくる銃撃から身を守るための施設ですね。

仮想の核攻撃を恐れるよりも、今まさに我が身が危険にさらされている地震災害、豪雨災害からどう生きのびるかを真剣に考える時ではないでしょうか。

参考になりそうな書籍をピックアップしてみました。

それでもやっぱり北朝鮮のミサイル攻撃から、自分や家族の身を守るためには

基本的には、頑丈な建物や地下構造物の中に退避するのが、一番でしょう。

でも、それが出来ない人も大勢います。むしろ、こちらの方が多いのは確実です。

そこで考えられるのが、防空壕を自分で掘って、自分や家族の身を守る方法です。

太平洋戦争当時には、日本全国、どこでも防空壕は作られていました。

皇居にもありました。

大学や病院など、公共の場所にも専用の防空壕がありました。

一般家庭では、庭の隅や裏山の斜面などに穴を掘っていました。

とりあえずの非常手段としての防空壕

このところの、北朝鮮状勢が不安定になってきて
日本がミサイル攻撃される恐れが、現実のものになりました。

死語に近かった、防空壕がよみがえり、関心が集まっています。

現在では、防空壕とはよばないで、核シェルターですね。

外国では、新築の家が一軒建つほどの建設費でも
結構な要望があるようです。

一般人が、核シェルターを易々と購入できるわけではありません。

手作り簡易シェルターとして、家のまわりの敷地や
それが出来ないときには、自治会単位でシェルターを確保する方法もありそうです。

東日本大震災や熊本地震の経験が、シェルター作りに役立ちそうです。

防空壕とは

鉄筋コンクリート造のものも一部に造られたが、二次世界大戦時の空襲に備えたものは、物資難の状況から多くは土に穴を掘り、周囲に土を盛ったり、廃材を利用して築いていた。

都市部に造られた簡易なものは、大戦の終結後まもなく破壊されたが、郊外に造られた洞窟状の防空壕や、鉄筋コンクリート造のものが残っていることもある。
戦争遺跡として保存すべきという意見もあるが、崩落など事故が懸念されるものもあり、各地で問題になっている。

冷戦期には大量破壊兵器の恐怖からNBC、すなわち核兵器、生物兵器、化学兵器から防護されたシェルターや、その機能を持つ地下鉄駅などが盛んに作られた。ウィキペディア

防空壕の作り方を教えてください。爆撃を心配しているのではなく、地下倉庫を作りたいです。試しに数メートル彫ったのですが、雨の日に、プールになってしまいます。何か方法はないでしょうか。

子供を殺させないパパの誓い防空壕や核シェルターを作り方を教えてください。安保法案(戦争法案?)がいよいよ参議院で採決されそうです。それを機会に、防空壕や核シェルターを作る為にどうすればいいか考えた... - 伝統文化・伝統行事 | 教えて!goo

核シェルターなど不要な世界が一番

次々に排出され続ける日々の情報に左右されないで
いま自分がなし得る行動を、冷静に実行することが
自分自身の防空壕だし核シェルターでしょう。

日本はいつからこんな時代に突入したのでしょうか。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする