SEO対策 何をどうすれば有利かをド素人がド素人に解説

SEOとは一体何ものなの?

検索エンジン最適化という意味

スポンサーリンク

さらに最適化とは、ド素人的に解釈するとGoogleの検索エンジンさんに検索に来た人に自分が書いたブログ記事を一人でも多く検索してもらいやすくすることです。

するべき四つのこと

良質のコンテンツ=情報=記事の内容にすること。

記事の内容に合ったタイトルをつけること。

ド素人であっても少しはキーワード検索に気配りすること。

一つの記事の長さは少なくとも1000文字程度の記事ボリュームにすること。

この四つのことが順調にいったら多くの人が検索してくれPVが上がるかも知れません。

1日に10PV程度しかなかった自分のブログが50PV~になればモチベーションアップにつながります。

PVとは

ページ一つ一つへのアクセス一回を1PVと数える。

50PV=50回のアクセスがあったこと。50人ではない。

NIKON D800 (60mm, f/2.8, 1/6400 sec, ISO100)

SEOド素人でもブログを書いて1円でも収益上げたいと考えるならば、SEOに入り口ぐらいはかじっておきたいものです。



自分のブログとSEOの関係を知ることが一番

SEOの意味はほかにもありそうですが私のようなド素人はまずは自分のブログとSEOのつながりを知ることが最初の入り口です。

SEOに関するサイトは無数にあります。こうすればあなたもSEO対策に強くなれます!みたいな初心者に向けた記事もきら星のごとく。

でもそれらはほぼすべてSEOに長けた上から目線の記事が多くてド素人にはいまいち理解困難です。

難しい単語とか専門用語があちらこちらにちりばめられていて。どうだ!俺はSEOに詳しいんだぞ。だから安心して読め、みたいな。

ぶっちゃけた話 SEOとは自分のブログを検索記事上位に表示させてもらうためにするいろいろな手練手管の事

幸いにGoogleの検索エンジンさんに検索されて、検索エンジン上で自分のブログを検索記事上位に表示させてもらうためにするいろいろな手練手管の事をSEOといいます。

手練手管はGoogleの検索エンジンさんに失礼ですね。施策と置き換えます。

検索エンジンも日々改善されている

これからも最新のIT学習機能をフル稼働させ続けるでしょう。

ド素人のブログ初心者がどうあがいてみても太刀打ちできるはずがないことは明らか。

Googleの検索エンジンさんが検索で一番喜ぶブログとは

ネットで何かを調べたい、知りたいと検索にやってきた人に対して何かを調べたい、知りたいことがわかりやすく要領よくかかれているかどうかが一番です。

Canon EOS 7D Mark II (300mm, f/8, 1/250 sec, ISO100)

良質なコンテンツとは一体どんなコンテンツ

明日の天気が知りたいのに昨日の天気のことばかり書かれていて明日の天気のことは最後の方に一行だけでは、Googleの検索エンジンさんはなんだこのブログはと怒って検索圏外にはね飛ばしてしまうかもしれません。

明日の天気予報を丁寧に調べて予報してみたり解説して、振り返って昨日の天気はこうでしたねと、最後にさらっと書かれているようなブログならGoogleの検索エンジンさんはよろこぶはずです。

つまり良質なコンテンツとは検索者が求める情報に対して的確な内容の記事を提供しているかどうかがすべてです。

コンテンツ=情報=記事の内容

タイトルに合った記事を丁寧に書く

一つの記事内には一つのことだけを書く

明日の天気のことを書いているつもりだったのに、いつの間にか昨年の冬に雨に濡れたのが原因でインフルエンザに罹ってしまったたことに脱線したりして。

ブログタイトルの付け方

ブログタイトルの付け方にもセオリーがあるようです。

ブログのタイトルはGoogleの検索エンジンさんの検索結果として表示された際には26文字以降は「…」と省略されてしまいます。

せっかく考えたタイトルなのにGoogleの検索エンジンさんに表示されなければ悔しすぎます。



要注意!タイトルの文字数

ブログのタイトルはGoogleなどの検索結果として表示された際におおよそ26文字以降は「…」と省略されてしまと先ほど書きました。

かと言って短すぎるのも、何について書いてあるブログか伝わらないようではタイトルとしての意味がありません。

タイトルは短すぎず長すぎず、26文字~32文字ぐらいがちょうどいい

「明日の天気」

短すぎるとせっかく訪ねてきたのに何について書かれているブログなのかうまく伝わらない可能性があります。

長すぎると……と省略

「気になるあしたの天気は晴れそれとも雨、息子の初めての運動会で気になる明日の天気」

表示されるのはおよそ26文字。以降の文字は「…」と省略されてしまいます。

キーワード検索

ネットで調べ物をしたり自分の興味ある趣味など検索するときには必ず何かの文字を入力してEnterキーを押します。

明日の天気 東京

新幹線 大阪福岡

検索窓にこうやって入力する文字のことをキーワードと呼びます。

キーワード検索取得ツールもあるようだけど

Googleのキーワードプランナーが有名ですがド素人はまだそこまで深入りすることはないでしょう。

何はともあれ自分の書きたい記事を読者に理解されるような優しい言葉づかいで書き進めることがSEOについて有利になります。

NIKON D800 (250mm, f/8, 1/100 sec, ISO100)

一記事1000文字程度を目安に

最近のGoogleの検索エンジンさんは一つの記事が200文字程度のブログには興味を示さないようです。

最低1000文字程度の記事ボリュームになるように心がけたいものです。

この記事の文字数は2448字程度です。

まとめ

良質のコンテンツ=情報=記事の内容にすること。

記事の内容に合ったタイトルをつけること。

ド素人であっても少しはキーワード検索に気配りすること。

一つの記事の長さは少なくとも1000文字程度の記事ボリュームにすること。

これら一つ一つをクリアーし続けていけばSEOド素人からドが抜けて半歩、ないし一歩ぐらいはぜんしんしそうです。これ自分のこと。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする