「新元号が公表されるまでに」個人は座して待つしかないのか

神々の宿る杜6
神々の宿る杜6 執筆人撮影

すでに新元号発表までひと月をきりました。

官公庁や企業ではさまざまな対策がすすめられているようですが、個人のパソコン対策はどうすればいいのでしょうか。

新元号で笑うのはやっぱりあの人だった

マイクロソフトも個人に限った情報は発表していないようおもいます。

パソコンにそれほど詳しくない個人でできる対策といえば

Windows 向け更新プログラムのインストール

最新のセキュリティソフトの導入ぐらいかな?。

あとは新元号が公表されるまでしずかに「座して待つ」しかないでしょう。

すでに政治の現場ではこんな生臭い現象も

新元号への対応について マイクロソフト

マイクロソフトは、新元号への対応に全社を挙げて取り組んでおり、毎月提供する更新プログラムを通して、当社製品の新元号対応を進めます。

また、経済産業省と合同で説明会を実施しており、講演内容は以下でご覧いただけます。

としたうえで、次のように説明しています。

考慮が必要な項目の例

新元号使用にあたって、事前に考慮が必要となる項目の例をまとめました。新元号適用準備において、ご参照ください。

  • 日付フォーマット変換  (例: 平成 31 年 10 月 1 日を許容するか否か)
  • 新元号を一文字で記した合字 (例: ㍽ ㍼ ㍻) の追加 (新フォントの展開、新合字の文字コード、正規化のルール 例: 平成は㍻と同じ など)
  • 合字を含めた元号の並べ替えロジックの見直し
  • 元年という表記とそのデータが及ぼす影響
マイクロソフトは、新元号への対応について非常に重要であると考えており、全社を挙げて新元号対応に取り組んでいます。

特設サイトでは「新元号が公表されるまでに行っていただきたいこと」

「新元号が公表された後に行っていただきたいこと」などを紹介しています。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする