スマホのカメラに外付けレンズ

モデル
モデル iPhone5sで撮影

スマホのカメラに外付けレンズを着せ替えると、別の世界が見えてくる

スマホのカメラに別づけのレンズがとりつけられるのは、たいがいの人は知っていると思います。が、

実際に取りつけて撮影している人は、まだまだ少数派ですよね。

そこで今回は、私が生け贄になる覚悟で愛用のiPhone5sのカメラに、外付けレンズを取りつけてみました。

結果は、取りつけて大正解。良い写真が撮れます。生け贄にならずにすみました。

私が購入したしたレンズはこちら。↓本格的なスマホ用の外付けレンズです。
製品のコマーシャルではありません。念のため。

Amazonのレビューも星5つ4つが多く見られます。

赤リングが入った広角レンズがスタイリッシュ、分離型マクロレンズのセット

実測0.7倍の広角レンズとマクロレンズ2つ機能が使用できる、ダブルレンズセット。
装着はかんたん、付属のクリップでスマートフォンやタブレットに挟み込むタイプですね。
キャリングポーチ、クリーニングクロス、クリップ、説明書とワランティカードが付属。

まるでCanonのLLレンズのスマホ版

iPhone5sの本体に比べて、レンズはかなり大きいです。重さもずっしりです。

フィルター径が58ミリですから、一眼レフ用の大きさがあります。

撮影に当たっては、保持をしっかりしなければ、ぶれるおそれがあります。

iPhone5s

iPhone5sに外付けレンズをセットし、小型三脚に取りつけた状態。

赤いリングと絞り込みの入ったデザインに、とても気に入りました。
まるでCanonのLLレンズのスマホ版という感じです。
レンズ周辺の金属シェルは分厚く、梨地塗装がされていますので、質感も良好です。
また、レンズキャップも一眼レフと同等のものが使用されていますね。

スマホ用のレンズにこれだけ整備されていれば、所有感も抜群です。

ぜひ三脚使用を

iPhone5sにこのレンズを取りつけると、けっこうな重みがありますから、私は小型三脚を使用しています。

この小型三脚は、デジイチでも使用しているものなので、足まわりも雲台もしっかりと固定できます。

足場のわるい撮影では、百均で売っているミニ三脚では心もとないので。

iPhone5sにはめるグリップもしっかりしているので、レンズの重みでずれ落ちたりする心配はありません。内側には傷防止が施されているので安心です。

三脚にセットして撮影すると、ぶれずにクリアな写真を撮すことが出来ます。

さらにさらに三脚板も自作しよう

さらに足場の悪い屋外の撮影には、自作の三脚板を使用します。

ベニヤ板で作ったものですが、不安定な地面で大活躍してくれます。

また、ブレを防ぐために百均で買った、iPhone用レリーズでシャッターを切るようにしています。

こうやって、下準備を整えてから撮影にのぞめば、ときには一眼レフ並みの写真を撮ることが出来ますよ。

休日の大人の遊びには、もってこいの過ごし方です。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする