【消費税】コンビニ弁当と消費税10パーセント

コンビニエンスストア
コンビニエンスストア

平成30年10月21日(日) 午後8時13分

コンビニエンスストア

X-Pro2 (55mm, f/14, 1/500 sec, ISO500)

コンビニで買った弁当を、店内に設けられている「イートイン」で食べれば
消費税は10パーセント。

青少年達にも>_<消費税10%の値上げ

中学生、高校生達が、1個150円程度のアイス買って、今までは
気軽に「イートイン」のイスに座って食べていたのが、2019年10月1日からは
消費税10%になったときに、どうなのか。

張り紙

張り紙

店舗の外壁に寄り添って食べたり、歩きながらだとかが、ふえそう。

店舗にはこんな張り紙があちらこちらに。

コンビニ2 参照:政府広報オンライン

コンビニ2 参照:政府広報オンライン

コンビニ1 参照:政府広報オンライン

コンビニ1 参照:政府広報オンライン

外食(政府オンライン)

政府のオンラインホームページでは、外食を次のように説明しています。

外食

(1)テーブル、いす、カウンター等の飲食に用いられる設備のある場所で行う、

(2)飲食料品を飲食させるサービス

牛丼屋・ハンバーガー店での「店内飲食」と「テイクアウト」

牛丼屋やハンバーガー店での「店内飲食」は、事業者が、顧客に店内で飲食させるサービスを提供するものであるため、「外食」にあたり、標準税率(10%)の適用対象となります。

一方、牛丼屋やハンバーガー店での「テイクアウト」は、単に飲食料品を販売するものであるため、「外食」にはあたらず、軽減税率(8%)の適用対象となります。

コンビニエンスストア等で販売する弁当等

コンビニで買った弁当を店外に持って出れば、8パーセントの消費税。

店内の「イートイン」で食べれば10パーセント。

私も昼時、良くコンビニ弁当を利用します。

「イートイン」の利用はゼロ。

敷地内の駐車場に止めた車で食べています。

この方式であれば8パーセントの消費税。でしょうね。

こちらも同じような記事を書いています
http://kurasi-1.com/syouhizei

コンビニ以外の「イートイン」

また、妻とコープでもよく日用品や食料品の買い物をします。

昼時であれば、弁当だって買います。

イートイン

Aコープの入り口近くの一角に、数セットのテーブルと椅子が用意されています。

消費税10%

消費税10%

もちろん「イートイン」でしょうね。

そのうちに、消費税10パーセント払っていないお客様は、
ここでの飲食禁止の注意書きが出されるかも知れませね。

イートイン

イートイン

イートイン

こちらは店の自動ドアの外にあるテーブルセットtです。

店舗の軒先スペースです。

どうなんでしょう。

「イートイン」それとも「テイクアウト」の8パーセントの消費税。

天気のいいお昼時には、こちらの方で食べた方が,気持ちよさそう。