【消費税】コンビニエンスストアと消費税10%増税

コンビニエンスストア
コンビニエンスストア
コンビニエンスストア

コンビニエンスストア

今の消費税8パーセントを、2019年10月1日から、10パーセントに引き上げることを
政府はきめました。

今後、よほどの天変地異がおきないかぎり、この決定は覆ることはありません。

戸惑うコンビニ

10パーセントになって、戸惑っているのがコンビニエンスストアです。

数年前から、店内に「イートイン」と呼ばれる店内飲食コーナーを設置した
店が増えています。

店内で手軽に食べることができるので、定着しつつあるこの「イートイン」が
消費税10パーセントに引き上げられたときに、混乱を引きおこすおそれがあるのではないかと、心配されています。

その原因は、酒類を除くすべての飲食料品は8%の軽減税率対象になります。
と言いながら、例外規定が設けられているからです。

町の食料品店やスーパーマーケットで買っても、飲食料品は8%の軽減税率対象
品です。

こちらも同じような記事を書いています

消費税10パーセントとコンビニ弁当

弁当をコンビニ店内で食べるか外で食べるか

お昼の弁当をコンビニエンスストアで買っても、普通は消費税8パーセント払えば
すみます。

ところが買った弁当を、店内の「イートイン」で食べれば、8パーセント+2パーセントになって、10パーセントの消費税を支払わなければなりません。

店内で食べることはない。と、きめていれば今まで通りの8パーセントです。

でも、レジで8パーセントの支払いを終えたあとに、ついでだから、
ここですませてしまおうという気がおきないとも限りません。

プラス2パーセントの消費税が惜しいのではなく。

ただ、善意の気持でそう行動しただけで。

そんなときには,どうすれば良いのでしょう。

食べている途中で、店内で食べたら消費税が10パーセントだ。と気づいて、
不足分の2パーセントをレジに持っていったりするでしょうか。

店員さんにしても、レジで8パーセントしか払っていないさっきの客が、
店内で弁当を食べている姿を見て、追加の2パーセントの消費税をもらいに行くのかどうか。

消費税

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする