「川は流れる」と「千曲川」

台風19号
台風19号
スポンサーリンク

美空ひばりの「川は流れる」は雄大な美しい日本の山河を、
思い起こさせてくれますが、台風19号で各地に発生した河川の氾濫、
堤防の決壊の映像では、とてもそんな感傷にふけっていられません。

多摩川、千曲川、阿武隈川、那珂川など、
遠くはなれた地域に住むものでも、
一度や二度は聞いたことのある川が氾濫し、決壊しました。

そのほかにも、名もないような小川の氾濫などを含めると、
その被害は、想像以上に甚大なはずです。

過去の大規模台風被害を想定していて、
それ以上のことはおきないと、
ある程度の油断があったのかも。

でも、今回の堤防決壊、川のはん濫は、
そんな想定は通用しないほどの自然の恐怖が、日本をおそいました。

地球規模の気候変動は、人間の想像を超える勢い。
ここ数年の異常すぎる台風の勢力と進路。

高い海水温のひろがりは、
日本のすぐ近くまで迫ってくるようになりました。

ゲリラ豪雨は限られた範囲に雨を降らせるだけでしたが、
最近ではゲリラ豪雨がつながりあって、線状降水帯になります。

範囲も広く、1日の降水量が1ヶ月、二ヶ月分とけたちがいです。

もう、これまでの経験感に頼ることなく、
災害にそなえたふかい警戒意識をかさねることが必要になりそうです。

この日を境に、五木ひろしの「千曲川」をきいて、
今回の災害を思いうけべることが、ありそうです。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする