卵は一日2個食べても大丈夫 コレストロールが上がるは‥‥?

籠

命のエネルギーが濃縮した食品 卵

「卵は完全栄養食品ですから、生でも、ゆでても、焼いても、効能に変わりはありません。1日2個以上は食べてもらいたいですね。私も毎日食べていますよ!」
「確かに卵はコレステロール含有量が多いですが、卵を食べるとコレステロール値が上がるというのは“都市伝説”みたいなものなんですよ」
ということのようですが、ならばどうしてこれまで、卵を食べるとコレステロールが上がると伝えつづけられたかといえば、

うさぎの動物実験の結果、伝説は生まれた

「1913年にロシアの病理学者がうさぎにコレステロールを与える実験をしたところ、大動脈にコレステロールが沈着し、動脈硬化が起こった」が始まりのようです。
もともと草食系のうさぎに実験のためといって、
突然動物性脂肪を与えても、体内でうまく処理することが出来ないのでそのまま大動脈にコレステロールが沈着しまったです。
ロシアの先生、研究者であればその辺の配慮は当然あってしかるべきでしょうに。

そんな誤った学説が世界中で一人歩きしてしまった結果、多くの日本人の卵好きが、恐る恐る卵かけご飯を食べるはめになったのです。

厚生労働大臣が5年ごとに定めるガイドライン「日本人の食事摂取基準」の2015年版で、コレステロールの摂取制限がなくなったそうですから、この辺もいままでの恐怖心をいくらかゆるめてくれますね。

命のエネルギーが濃縮した卵は生活習慣病予防にも最適

ということは、素人が考えても感覚的に納得できることです。

「卵の殻にはカルシウム、卵白には高品質のたんぱく質が含まれています。このたんぱく質は、体内で作り出すことができない8つの必須アミノ酸から作られています。 中でも豊富なのは、シスチンとメチオニンからなる含硫アミノ酸。 血中コレステロール値を適度なバランスに保ち、動脈硬化を予防するHDL(善玉コレステロール)を増やす機能があります。

コレステロールを気にする人にとっては、頼もしいですね」

栄養素の宝庫の卵黄にはコレステロール値を下げる様々なミネラル類も含まれているそうですから、これからは積極的に食べます。
今までは卵黄こそが、コレステロールのかたまりだ!と信じ込んでいた日本人。
これまでの呪縛から解放されそうです。
ただし、何事も限度というものがあります。
一日に二個~三個が適量のようです。
それにしても、今まで気にしながら食べていた自分が悔しいです。
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする