天皇陛下の心遣い

宮崎神宮
神殿に向かう神々

日本国民が天皇陛下のお気持ちを知った日

平成28年8月、天皇陛下が「お気持ち」を述べられました。
なんの前触れもなかったので 驚き 姿勢を正して聞きました。

そこには印象的な言葉が随所にありました。

政府は、天皇陛下が生前退位の意向がにじむお気持ちを表明されたことを受けて、10月中旬にも有識者会議の初会合を開き、具体的な対応の検討を始めることにしています。

「これまでのように、全身全霊を持って象徴の努めを果たすのが難 し くなるのではないかと案じています」
日本国民の一人として自分は、この様に全身全霊で物事に立ち向か っているか。考えさせられる重い言葉です。

「これから先、従来のように重い務めを果たすことが困難になった 場 合、どのように身を処していくことが、国にとり、国民にとり 、私の あとを歩む皇族にとり良いことであるか考えるようになり ました」
とも述べられました。

「何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考え、同時に 事 にあたっては、人々の傍らに立ち、声に耳を傾け、思いに寄り 添うこ とも大切なことと考えてきました」

皇室と若者世代

若い世代のデジタル社会では、どこに皇室との接点を求めれば いいのか、答えが見いだされないのかも知れません。

答えは簡単です。自分たちも一人の日本国民だと自覚するだけで良いのです。

ボケモンGOに夢中になっている自分たちも、日本国民です。

天皇陛下は「何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考 え」ておられます。

ボケモンGOに夢中になっている自分たちの傍にも、「人々の傍らに 立ち、声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えてき ました」

天皇陛下は国民に分け隔てなく、傍によりそっておられるのです。

自分たちの壁を取り除こう!!

自民党、共産党関係なく

宗教の宗派にも関係なく

極右・極左にも関係なく

日本国民である以上、今回の天皇陛下の「お気持ち」を共有しまし ょう。

平成天皇、長い間ご苦労様でした。
一刻も早く公務から離れられて 、ごゆっくりお休みください。

国民の前に公に退位の意向が報じられたのは平成28年7月13日 午後7時のNHKニュースでした。

平成の年号

平成の新年号を発表する小渕官房長官。




相手を思いやる気持があふれ出ている天皇の姿天皇・皇后両陛下が国民の前に 姿を現されるときには、常に相手の目線で話されている姿です。

特に阪神淡路大震災以降に各地の被災地に訪問されたときには、体育館や公共施設の床にひざまずかれ、被災者と同じ目線で話を聞か れ、話されている姿です。

当時の村山総理一行が土足のまま被災者の前に立っている姿と比較 されて、天皇陛下の国民に寄り添ったお気持ちが強く映りました。

空気のような存在の日本人の源泉日頃私たちが目にする天皇の姿は、常にほほえみかけ、優しい表情 で人々に接しているお姿です。

高圧的であったり、国民の前では硬い表情を崩さないという、造ら れた天皇の姿ではなく、日本国民の一人一人が象徴としての天皇陛 下を実感できるお姿です。

それでもなお、実態として天皇に対する国民の関心はあまり高くな いようです。

スポンサーリンク

譲位表明の背景とは

今回の譲位表明の背景を、ある宮内庁関係者が説明する。

「ご体調の問題のほかにも陛下は、皇太子さま、秋篠宮さま、悠仁 さまという皇位継承の流れを明確にしたいお気持ちがあるようです 。
現在小学4年生の悠仁さまは順調に成長し、長期静養中の皇太子妃 雅子さまも復調ぎみです。次の世代に安心して引き継ぐことができ るようになったので、そのご意思が漏れ伝わってきたようです」

今年83歳(平成28年・管理人注)の陛下は、昨年12月のお誕生日の 記者会見で、「年齢というものを感じることも多くなり、行事のと きに間違えることもありました」と話されている。

「両陛下とも最近は、公務中に補聴器を使うことも増え、この春の 園遊会での懇談でも、陛下が招待者との会話を一部、聞き取れなか ったか理解できなかった場面もあり、心配申し上げていました」( 前出・宮内庁関係者)

「生前退位報道」そのとき天皇陛下と美智子さまは何をされていたのか

2020年開催の東京オリンピック

知らぬ 存ぜぬは常套句だった!! 

宮内庁 寝耳に水!!

管官房長官 そのようなことは一切承知していません。。。

新元号発効の時期を報道各社が報道すると、申し合わせたようなコメントを発 表しました。

昨年夏の夜に突如、譲位のニュースがNHKでながれたあとにも、今 回と同じように宮内庁や管官房長官は否定をつづけていました。

しかし、日が経つにつれて今回の新元号のながれも、具体的に判明 してくるようになりました。

天皇陛下から上皇へ

ただいまシナリオ推敲中!!

天皇陛下が在位30年目を迎えられる節目の平成31年の元旦譲位。

譲位に伴う関連法案は、有識者会議の報告と衆参両院の議論を踏ま え、今年5月にも国会に提出。

譲位は「1代限り」

皇室典範改正は最小限にとどめる。

平成31年元旦に、国事行為である剣璽等承継の儀」(三種の神器 等引き継ぎ)と「即位後朝見の儀」(三権の長らの初拝謁)を宮中 で行う。

そして、官房長官が速やかに新年号を発表する。
という流れが、現段階ではできているようです。