Photoshopでトーンカーブ補正すればきれいな色の写真になる

雨の横断歩道暮らしの中で
雨の横断歩道

画像を写真に格上げする簡単Photoshop

カメラ初心者はどの編集ソフトを使うにしても、操作はシンプル、結果は
明確に確認できる方がいいにきまっている。
上はカメラ、撮って出して。
このままでもいいと思うけど、これにPhotoshopのトーンカーブをワンクリックするだけで、色のくすみが抜けたことがわかる。
どうだろう、白がクリアになっているはず?。
雨の横断歩道 トーンカーブ補正

もしLightroomを年間契約しているのであれば、Photoshopもダウンロードできるようになっている。

せっかく高機能の画像編集ソフトを使わない手はないはず。
カメラ初心者にとって、Photoshopに触るのは、やっぱり敷居のたかいソフトであるのも事実。
まずは、簡単操作で結果がわかる色や明るさの補正からはじめてみよう。

サーファー

サーファー

薄曇りのなかで、波を操るサーファー
トンカーブの白スポイトを波にスポイト。
しぶきがクリアになったのがわかります。
サーファー トーンカーブ補正

モノクローム写真も白スポイトを使用すれば、一瞬で、画像の濁りを取り去ることができる

宮崎県庁本館

宮崎県庁本館

比べてみて、トーンカーブ補正をしたほうが、適正露出になっている感じ。

撮影時点で、こう撮るのはむずかしい。

宮崎県庁本館 トーンカーブ補正

操作手順

Photoshopに画像を読み込んだら、パネルのここをクリック。

Photoshop

Photoshop

次にここをクリック。

トーンカーブ案内
このスポイトが<白> 画像の白い部分でクリック。
どう?
全体が望む色になったはず?。

スポイトをする箇所をかえてみてもいい。

トーンカーブ

トーンカーブ

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました