おいしいトマトの選び方 栄養 食べ方 保存方法

季節の野菜やくだもの達のおいしい選び方 栄養 食べ方 保存方法をコンパクトに紹介します。

スポンサーリンク

おいしいトマトの選び方 栄養 食べ方 保存方法

X-T2 (200mm, f/4.8, 1/320 sec, ISO400)

トマトの生育には太陽の光が欠かせません。ふりそそぐ太陽の光ををあびたトマトはあかるく健康そのもののつややかさです。

トマトの旬は3月~4月・7月~8月。

その他の時期には温室栽培ものなどが出回っており、ほぼ1年を通してトマトは身近な野菜です。

おいしいトマトの選び方


ヘタまわりの張りがしっかりして固くしまったものを選びましょう。
手にとってずっしり感があるのがひとつの目安になります。
色づきのいい皮のものを選び、最初からキズのあるものは傷みやすいので注意します。



トマトの栄養

X-T2 (200mm, f/4.8, 1/320 sec, ISO400)

真っ赤なトマトには栄養がいっぱいです。
品種によって異なりますが、トマトに含まれている栄養素は、ビタミンA、 ビタミンC、ビタミンE、リコピン、カリウム、食物繊維、鉄分、カルシウム、クエン酸、その他・・と、たくさんの栄養素があります。

トマトの食べ方

トマトの簡単おいしいレシピ(作り方)が252116品! 「トマトとナスのマリネ」「生トマトでスープ素麺」「トマトチーズカップ焼き」「ベーコンとトマトのサラダ」

トマトの保存方法

X-T2 (200mm, f/4.8, 1/320 sec, ISO400)

赤く熟しているものは、ラップをして冷蔵庫の野菜室へ。
まだ青みの残っているものは、常温保存すると自然に熟して赤くなります。
冷凍して保存するなら、水洗いして水気をしっかりふき取り、丸ごとラップで包み、さらにビニール袋に入れて冷凍庫に。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする