いま聴きたい東京大衆歌謡楽団 青い山脈など……

バイオリンを聴く暮らしの中で
バイオリンを聴く

いまのように気持ちが落ちこんでいるときに東京大衆歌謡楽団を聴くと、ホッとします。

歌っているのがお兄さん、アコーデオンが弟さん。邪心のない清らかな声量。澄みわたるメロディーに、お人柄がにじみ出ています。

浅草の路地でうたい、道端で聴いているお客さんからいただいたお金を、ハンカチで軽くおおう所作には、やさしさと誠実さがにじみ出ています。

この動画は、2009年初期のものですが、くくっていくと令和2年までのライブを鑑賞することができます。

東京大衆歌謡楽団の浅草ライブ

歌っているお兄さんの声量のゆたかさ、日本語の正確さ、誠実そのもので、ああ、日本にもまだこんな素敵なうたいてさんがいるのだと、ほっとします。

いろいろ、くくって聴いてみてください。今テレビなどで歌われている歌の感触とはまったくちがいますから。

日本人の心に響く歌声 ロシア民謡 カチューシャ・コロブチカ・百万本のバラ
新型コロナウイルス感染の恐怖で、人々の心は疲れてきます。 そんなときに聴いて癒やされるのが、ロシア民謡です。
日本人の心にひびく北朝鮮女性歌手が歌う感動と哀愁をおびた日本の歌謡曲
日本にとって北朝鮮は、日本人拉致という高い障壁があり、一刻もはやい帰国を切望してい国民がおおくいます。 今回は国家としてどうかはさておき、北朝鮮の文化、芸術に目をむけてみると、そのレベルの高さにおどろかされます。 とくに北朝鮮女性歌...

 

タイトルとURLをコピーしました