Windowsキーボード、ファンクションキー早わかり一覧表

暮らしの中で

文字入力方式には画面に直接ふれて入力するタッチパネル方式もありますが、主力はやはりキーボード入力ですよね。

入力スピードの速さ、まちがいの少なさ、指にかかる負担も軽くて疲労も少なくてすみます。

今回はキーボード上部にあるファンクションキーについて調べてみました。

ファンクションキーを使い倒そう

ファンクションキーはその下の文字入力キーとは少しはなれていて、なんとなく独立しているようにもみえます。

なんだかパソコン初心者には使いづらそうと思いがちですが、食わず嫌いと一緒で、使いはじめるとちょ便利なことがわかります。

ファンクションキー単独で使ったり、文字入力キーと関連付けて使いはじめるととても便利です。

 

<ファンクションキー>

ファンクションキー

ファンクションキー

ファンクションキーナンバーと機能する役割

機種によってお使いのキーボードと一致しない場合があります。

F1ヘルプを表示します。
F2ファイル名を変更します。
F3ファイル・フォリダーを検索します。
F4アドレスバーの一覧表示。
F5表示内容を最適化。
F6文字入力をひらがな入力に切りかえます。
F7文字入力を全角カタカナに切りかえます。
F8文字入力を半角カタカナに切りかえます。
F9文字入力を全角アルファベットに切りかえます。
F10文字入力を半角アルファベットに切りかえます。

F11 ウインドウズを全画面表示にします。
F12

 

例えば、あいうえおと入力してF7を押すとアイウエオと変換されます。

FNとの併用

キーボードのFnキーは「Fn」の文字が青くなっているか、四角で囲まれています。

キーボードの上の方にあるファンクションキーのキーにも、同じように文字が青くなっていたり、四角で囲まれていたりしています。

Fnキーと同時に押すことで青いマークの機能が使えます。

例えば、F4キーを見ると家のマークになっています。ホームを表しています。

FNキーとF4キーを同時に押すとホーム画面に切りかわります。

どんな機能が割り当てられているかは、それぞれのキーを見ることで機能をあらわすマークが青で印字されているからわかりやすいです。

自分が常用するファンクションキーを早く見つける

そうすることで文書入力作業が格段に早くなることまちがいなしです。

タイトルとURLをコピーしました