英字入力と日本語入力の切り替えはキーボードの半角/全角キーを押すだけ!

キーボードの基本的な機能

スポンサーリンク

パソコンに命を芽生えさせるキーボード

画像はキーボードに備わっている機能の一部です。

文字や数字などを入力するのにはキーボードは必要なものです。

キーボード一のキーひとつ、ひとつで決められた文字や英数字を入力することができます。

他のキーと組み合わせれば別の操作をすることもできます。パソコンに命を芽生えさせるのはキーボードあってのことです。

パソコンによってはキーボードの数や配置の位置がことなっていることがあります。



文字入力

文字入力にはローマ字入力とかな入力の方法があります。

はじめてキードードから日本語を入力するときには、かな入力のほうが簡単なように思いがちです。

でも、ちょっと待ったです!。

かな入力は50音の46文字のキー配置を覚えなければなりません。

覚えるまでに時間がかかります。

それに比べると、日本語をローマ字入力にすれば覚える数はアルファベットの26文字ですみます。

ただし!かな入力を覚えてしまえばローマ字入力より早いとも言われています。

私はローマ字入力です。なんどかかな入力に挑戦しましたが途中で挫折しました。

日本語入力と半角英数字入力を切りかえる

日本語入力と半角英数字入力を切りかえるにはキーボードの<半角/全角・漢字>を押して切りかえます。

日本語入力

英数字入力

キーボードには他にタッチキーボードがありますが、ここではフルサイズキーボードの操作を覚えましょう。



カーソルとマウス

カーソルとは文字や画像を挿入する位置を示しているマークのことです。点滅しています。

文字や画像を挿入するときだけではなく、削除や範囲指定するときなどの位置取りなどをします。

マウス

マウスはキーボードとは独立した動きをします。ウインドウズの操作やアプリの起動などパソコンを操作する上でキードードとともに両輪のようなものです。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする