パソコンで日本語を入力するための日本語入力変換ソフト3選

日本語ソフト
日本語ソフト
日本語ソフト

日本語ソフト

スポンサーリンク

日本語入力とはパソコンに何らかの日本語を入力しようとするときに必要となるソフトやソフトを使った入力方法のことです。

日本語入力変換ソフト3選はこれだ!

IMEは事務系統?

まず最初に日本語入力に対応した日本語変換ソフトを導入します。

パソコンを購入したときにはすでにマイクロソフト社の日本語変換ソフトIME(無料)がインストールされています。

古くから使用されている日本語入力変換ソフトの代名詞的な存在です。

通常はこのソフトで文書作成や表計算などもスムーズに行うことができます。



ATOKは純国産

やがてジャストシステム社のATOK(有料)という日本語ソフトのあることに気がつきます。

このソフトは四国徳島で開発されました。日本で開発されたので日本語の文脈の流れや快適な変換速度、入力ミスの自動指摘、英単語の推測変換などがスムーズにおこなえます。

万能なGoogle日本語入力

Google英数字入力と日本語入力

もう一つ代表的な日本語変換ソフトにGoogle日本語入力(無料)があります。

このソフトはGoogle検索によって蓄積された膨大な日本語・漢字・英単語・顔文字がスムーズに変換されます。

最初のうちはIMEで日本語入力のイロハを習得するのもいいと思います。

日本語を横書きで書いているぶんにはIMEで不自由はおぼえません。

でも縦書きを書こうとするならATOKが断然有利です。



縦書きならATOKがおすすめ

IMEでは縦書きでも上から下に向かって行が移動(スクロール)しますが、ATOKの場合には右から左に横移動します。

原稿用紙に書いているイメージで文章の流れが途切れなくつづけられます。

Google日本語入力はどちらかというとATOKに近い操作感です。

表計算や報告書などを多く作成するならIME。ブログ文章書き・コラムや創作物を書くにはATOK・Google日本語入力が有利ではないかなと個人的な感想です。

またIMEになんとなく馴染めない、でも有料じゃいや。という方にはGoogle日本語入力がおすすめです。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする