マニアの気分が味わえるミラーレスカメラX-pro2

カボチャ暮らしの中で

いざ撮影となれば男性を超える実力を発揮する名機

ミラーレス、カメラの主役に 国内出荷一眼レフ逆転へ: 日本経済新聞
高級デジタルカメラの主役が一眼レフからミラーレス一眼に交代しそうだ。軽くて持ち運びやすい点などが人気を集め、今年は国内向け年間出荷台数で一眼レフカメラを初めて逆転する見通し。性能向上で高級機種の販売も伸び、平均単価も一眼レフを上回る。

キャノンの1D系やニコンのD5系をいかにも男性的なカメラに例えるなら、富士フイルムのミラーレスカメラX-pro2は、ちょっと知性を秘めた女性的なカメラだと勝手に思っています。

堂々と肩にカメラをぶら下げて撮影地を闊歩する男性的なカメラを避けるようにしながら、
ストラップを首にかけ、両手でカメラを胸元に抱きしめて撮影のチャンスを待っている。

そんなイメージのやさしく一歩引いたカメラです。

一眼レフカメラが絶滅危惧種になる日は近い
はっきり言って、これからはカメラの時代ではないでしょう 一眼レフやミラーレフカメラの購買欲を、いくらあおってみたところで、手もとにスマホがあれば、カメラの魅力は魅力ではなくなってしまいます。 今の時代、一眼レフを買って、写真を楽しも...

 

富士フイルムミラーレスX-pro2

下記の記事がX-pro2の魅力を的確に言い表しています。

一眼レフや類似のミラーレスからカメラを始めた人は、良さがさっぱり理解出来ないかもしれません。20万円も出してまで、と懸念さえ感じるかもしれません。

それくらい、このカメラはあらゆる点で、他のカメラと一線を画しています。それが分かると、これほど楽しいカメラはありません。

光学ファインダーと電子ファインダーを的確に使い分けていく楽しさ。とことんカスタマイズをして自分の操作をカメラに刻んでいく楽しさ。

多彩なフィルムシミュレーションで自分のイメージを表現する楽しさ。
気持ちの良いシャッター音。更に、カメラから出てくる絵は破格の美しさです。

このカメラは、すぐにパチパチ撮って楽しいカメラではなく、じっくりと付き合って、お互いを理解していくようなカメラだと思います。

そして、きっと最高の相棒になるという期待をフツフツと感じさせてくれる名機です。アマゾンカスタマーレビュー

 

X-T2にも同じような心地よさを覚えます。

X-pro2とX-T2を同時に所有してしまえば、もうほかのカメラに目移りしなくなるほどの
満足感と所有感に浸ることができます。

すでにX-H1とX-T3が発売されています。

それぞれに新しい機能が備わっているようですが、だからといって今使っている
X-pro2やX-T2から乗りかえてみたい気持はおきません。

カメラとしてのシステム、所有感はX-pro2とX-T2で十分満たされています。

 

富士フィルム最強の個性派ミラーレス一眼カメラX-Pro2をレビュー
X-Pro2のクセの強さはFUJIFILMのミラーレスの中で一番です。 しかし、クセが強い分、使いこなせた時の快感や撮影の楽しみが倍になる、スーパーなミラーレスなのです!今回はそんなX-Pro2をレビューします。

 

X-T2

この先この二台のカメラを使いこんで、自分の身体の一部のように馴染ませたいです。

タイトルとURLをコピーしました