富士フイルムミラーレスカメラX-T3とはどんなカメラ ちょっとのぞいてみました

X-T3シルバー
X-T3シルバー

富士フイルムミラーレスカメラX-T3

X-T3.ブラック

X-T3.ブラック

裏面照射型の新センサーをシリーズ初搭載
Xシリーズ第4世代目となる、裏面照射型の新開発イメージセンサー「X-Trans(*1) CMOS 4」を搭載。2610万もの画素数を誇り、X-Trans CMOSの特徴である独自のカラーフィルター配列により、光学ローパスフィルターなしでモアレや偽色を抑制。また、裏面照射型構造を採用したことで、高いS/Nレベルを維持したまま解像度を向上させています。さらに、これまでは拡張感度であったISO160が常用感度となり、明るい屋外でも開放絞りによるボケを活かした撮影が可能です。

富士フイルムから新しいAPS-Cサイズのミラーレスカメラ「X-T3」が9月20日に発売された。名前からも分かる通り、2016年9月発売の「X-T2」の後継モデル。

例えばそのカタチだ。外観デザインは2016年発売のX-T2や2014年発売のX-T1を踏襲していて、正直パッと見ではどのモデルかを判別するのが難しいレベル。

だけど、観察してみると軍艦部のアナログダイヤルの形状変更や露出補正ダイヤル位置を微調整し誤操作防止に努めていたり、背面部のボタン類のサイズが大径化するなど、操作性改善のために細部にまで堅実な改良が施されていることが分かる。

■最安価格(税込):147,000円 ■店頭参考価格帯:147,000円〜164,000円 ■中古価格帯(税込):133,800円〜145,800円 ■価格.com売れ筋ランキング:37位 ■満足度レビュー:4.54(42人) ■クチコミ:3002件 (※7月25日時点)

https://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/x/fujifilm_x_t3/specifications/

散歩猫を富士フイルムの新型ミラーレス「X-T3」で撮影

X-T3は散歩のおともに最適!
さっそく、X-T3を持って散歩。向かったのは葛飾区。わたしが今度行なう街歩きの下見とX-T3のテストを兼ねてぶらぶらと歩いてきたのである。知らない街で知らない猫と出会うってのは醍醐味のひとつ。出会えないときは出会えないけど、それはしょうがない。

堤防上の道を歩いていると、草の斜面に違う色がまじってるのを発見。猫である。さっそく望遠レンズにつけかえてアップで。ああ、めちゃこっちを警戒してるのが目つきでわかるのがたまらん。

「FUJIFILM X-T3」と「FUJIFILM X-T2」の違いの記事について掲載しています。富士フイルム「FUJIFILM X-T3」と「FUJIFILM X-T2」の違いを比較しました。
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする