広告

「夜行バスあるある」漫画に共感 どれも我が身に当てはまります

広告
夜行バス
夜行バス
スポンサーリンク

安い上に寝ている間に目的地に連れて行ってくれる夜行バス。しかし、フットレストや座席を倒せるとはいえ、バスのシートで何時間も過ごすのって慣れていても時々しんどかったりします。
そんな、夜行バスを利用している時におこりがちなあるある漫画がSNSで話題を呼んでいます。

4.「出発まであと5分くらいでトイレに行きたくなるが、置いていかれるのが怖くて行けない。」
車内にトイレが付いているバスだとあまり心配しなくても済むのですが、大丈夫だろうと思っていたら、出発近くなってトイレに行きたくなってしまうのもありがち。運転手さんは戻っていない人がいるかどうかチェックして、時間を過ぎても多少は待ってくれますが、定刻通りに運行できなくなると乗車している人全員に迷惑をかけてしまう事になってしまいますもんね。



5.「休憩で自分のバスが分からなくなるが、見たことのある人を見つけて一安心。」
サービスエリアのバススペースには、同じ時間に驚くほどバスが止まっている事もあります。同じ会社のバスも幾つか並んでいる事もあり、行き先が違う同じデザインのバスが並んでいる事も……。バスから降りる時に車体を覚えておかないと、戻ってきたときに焦る事になりますよね。http://otakei.otakuma.net/archives/2019030611.html

とくに4・5を経験しているので実感です。

広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告