シーガイアは来年の1月8日と9日の2日間を「全施設一斉休館日」

家族旅行
家族旅行

いい人材確保に待ったなし

働き改革は業種をとわずすすんでいます。大分の杉の井ホテルでは、すでに10日間の完全休業日をしているようです。

シーガイアは来年の1月8日と9日の2日間を「全施設一斉休館日」を実施します。より良いおもてなしのためには、スタッフ全員が心からリフレッシュする事が必要と考え、日々の業務から完全に離れていただく機会として「全施設一斉休館」の実施を決定しました。


別府市の杉乃井ホテル、10日間連続休業 「いい人材を獲得するためにはしっかり休めるようにする必要がある」

ホテル業界ではシフト制で休みを取るため、従業員が家族や友人と休みを合わせづらい。加えて、まとまった休暇は取りづらい。そのため大学卒業後3年間の宿泊・飲食サービス業における離職率は30%(2017年)に上る。産業全体の14.9%の2倍だ。

杉乃井ホテルは別府八湯のひとつである観音寺温泉にある。客室総数は647室で年間宿泊者数は70万人。従業員数は約800人で、別府を代表する巨大ホテルとして知られている。

正月休みと成人の日を含む3連休が終わると、宿泊客の数が一段落する。このタイミングで従業員が長期休暇を取得できるようにし、人材獲得につなげる狙いだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/15707158/

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする